[カギ] ScanSnap iX500のモニターに選ばれた

設置面積も変わらずサイズ上で大きくは違わない

ScanSnap iX500発表の際に開催されたScanSnap ユーザーカンファレンスでモニターに選ばれた。イベントの内容は別途エントリするとして、まずは第一印象と外観とかについて。


ScanSnap iX500 : 富士通

マットブラックで締まった感のあるScanSnap iX500(外観)

 黒くなってScanSnap S1500よりもちょっとだけ大きいのに締まって見える

黒くなってScanSnap S1500よりもちょっとだけ大きいのに締まって見える

Wi-Fiに物理スイッチがあるのは嬉しい。制御はハードウェア的に行えるという安心感。

左からWi-Fiスイッチ、WPSボタン、USB3.0コネクタ、電源ケーブル

左からWi-Fiスイッチ、WPSボタン、USB3.0コネクタ、電源ケーブル

ScanSnap S1500と並べてみると高さが少し増えたか。カンファレンスで設置面積(底面)の変更は無く、高さが少し高くなっただけらしい。

iX500の方がちょっとだけ背が高い

iX500の方がちょっとだけ背が高い

設置面積も変わらずサイズ上で大きくは違わない

設置面積も変わらずサイズ上で大きくは違わない

ちょっとだけ使ってみた印象

処理速度

とにかく「速い」。これに尽きる。ただ単純に仕様書上で性能が上がっただけではない変化を感じることができる。「だいたい新製品が出たら”速い”って書くよね」って斜に構えてみてた。使ってみたらやっぱり速かったし、これなら「速い」って書きたいって思う。元々、ScanSnap S1500を使っているのでそれとの比較になってしまいがち。初めてスキャナに触れる人とは違った印象を持ってるかもしれない。

自分は基本的にスキャンする時、OCRをかける。読み込んだ画像情報を文字情報に変えて後から検索の対象にできるようする。そのOCRの処理時間が激減した。この製品のレビューによく書かれている「スキャンし終わり=OCRも終わってる」というイメージ。

ScanSnap S1500で両面スキャン(スーパーファイン/OCR有り)の場合

ScanSnap iX500で両面スキャン(スーパーファイン/OCR有り)の場合

上記動画では”読み込み”の違いが分かりにくいけど1冊終えた時点では結構な差が出てる。上の動画を再生して下の動画を再生しても途中で追いついてしまうのがわかる(5枚目では追い抜かしていく)。

さらにOCRをかけるための時間が違う。ScanSnap S1500だとスキャン終了後に結構な待ち時間(OCRの処理時間)があったけど、ScanSnap iX500ではほぼ同時に処理が走っているので完了までが速い。

ScanSnap iX500で両面スキャン(スーパーファイン/OCR無し)の場合(起動はタブレットから)

ちなみにこれはOCRなし場合の”読み込み”。だいたいデモで見るのはこのモードか。一枚ごとが途切れないのが地味に速度を稼ぐ。

スキャンの精度

ScanSnap S1500においても読み取りの精度、取りこぼしの少なさには不満はなかった。しかし今回、動作速度が上がってるので伴って精度も向上しなくてはならなかったと思われる。読み取りにおける精度向上に役立っているのがセンサーによる制御とブレーキローラー。確実に一枚ずつを排紙し、重送があった場合にはセンサーで感知できる仕組み(読み取り漏れの原因となる”ページが重なってしまうこと”を”重送”と言うそうな)。

業務用の技術を持ち込んだSnapScan iX500

業務用の技術を持ち込んだSnapScan iX500

 超音波センサーによる重送チェックと、送り出しの性能とともに耐久性を向上するために業務用製品から持ち込まれたブレーキローラー。これによってScanSnap iX500のパフォーマンスが成り立ってる。

別途エントリすると思うけど、使い勝手/使い方の面で「手軽に紙をデータにして持ち出す」が求められるスキャン機器の市場ではScanSnap iX500にはこの精度向上、速度向上は必要不可欠。この向上がなければ面倒くさい接続動作なく無線LANで転送できる機能も生きないと思う。

無線LANの搭載

 Wi-Fi はIEEE802.11b/g/n 準拠。 読み込み、処理速度とのバランスから見て遅くはない。原稿をセットしてタブレットの「読み込み」ボタンを押してからは読み込みが終わると同時にタブレットに転送が完了している感じ。

Wi-Fiのオンとオフの状態が表示される

Wi-Fiのオンとオフの状態が表示される

総括して「スキャン能力が高い」というより「紙をデータ化する総合的な能力が高い」という感じ。読み込み精度が高く、OCR完了までのスピードが速く、面倒くさいケーブル接続などのセットアップが必要ないScanSnap iX500だからこそ感じる「紙をデータ化する総合的な能力」の向上。

発売は11月30日。年末に良くやる大掃除、職場や自宅の整理に一役買ってくれそうなScanSnap iX500なので人気が高そう。受け取った紙原稿は全てデータ化して保存するために必要な要素がバランス良くすべて詰まっている。処理・精度向上や無線LAN・タブレット/スマートフォン対応という、それぞれ一つずつは”ちょっとした”変更/向上だけどもScanSnap S1500ユーザーが買い換えたくなる要素が満載の新製品、ScanSnap iX500は既存ユーザーにこそ体験してほしいと思えた。


ScanSnap S1500 製品情報 : 富士通
モニター前まで使ってたScanSnap

Fans:Fans

モニターに択ばれた方のブログを追記


my bright tomorrow.


ちわわのまま

シェアする

コメント

コメントを残す

*