[カギ] Xperia Z5を「使ってみた!!」お風呂でモバイル(風呂モバ)のすゝめ

Xperia Z5の風呂モバのすゝめ

お借りしているXperia Z5はキャップレス防水なのでお風呂でモバイル(風呂モバ)が捗ってしょうがない。

特に、この寒い時期には映画やライヴ映像を楽しみながらゆっくりお風呂に浸かっていたい。これまでは2014年末に開催されたタブレット買い換えキャンペーン(※)で入手したXperia Z3 Tablet Compactが風呂モバ、寝モバの主役だったのだけど、これだけ画面が大きく綺麗でスピーカーも良いのでXperia Z5がその座を奪いつつある。


ソニーモバイルコミュニケーションズ|Sony Mobile Communications

Sony Tablet Sが10,000円で下取りにできた

Sony Tablet Sが10,000円で下取りにできた

(※当時でも市場では買い取り価格数千円にしかならなかったSony Tablet SをソニーストアでのXperia Z3 Tablet Compactに使える買い物券10,000円分と交換してくれるキャンペーンが2014年年末に開催された)

自宅ではDVDやBDから取り込んだ動画や音楽ファイルをNASにアップロードしているので、いくらでも無線LANを経由してマルチメディアファイルにアクセスできる。それどころかXperia Z5ではテレビ視聴アプリもあり、昨今のオンライン動画サービスもあるのでコンテンツには困らない。

こんな風にNAS上にどの端末からでも見られるようにマルチメディアファイルを格納している

こんな風にNAS上にどの端末からでも見られるようにマルチメディアファイルを格納している

SNSで友だちとやり取りしたり、ちょっとした調べ物したり、Kindle本を読んだり、通常のスマフォ使いをしたいときにはXperia Z3 TabletCompactは少し大きすぎる(Kindle本もマンガなら大きな画面でも良いけどね)。〝タブレットの画面が小さい〟ではなくて〝スマフォの画面が大きい〟は何かと取り回し易い。

防水スマフォでは濡れても大丈夫なストラップが良い

Xperia Z5をお風呂やキッチンに持ち込むときにストラップを毎度外していては面倒くさい。シリコン製などの濡れても大丈夫な素材を選ぶのがお勧め。

白いスタンドはXperia Z3 Tablet Compactと一緒に購入したバスルームスタンド

白いスタンドはXperia Z3 Tablet Compactと一緒に購入したバスルームスタンド

お気に入りはラスタバナナのシリコンストラップ(フィンガーサイズ)。小指に引っかけておくだけで通常の縦型で使うときも、カメラを構える為に横型で使うときも塩梅が良い。シリコンなので若干伸縮してくれるため〝フィンガーサイズ〟の小さいものがお気に入り。


ラスタバナナダイレクト 携帯アクセサリーオンラインショップ / スマートフォン対応 シリコンストラップ フィンガーサイズ ブラック ラスタバナナ

もちろんテグスの所が濡れてしまうけど、これは乾かすのに時間がかかるほどではない。Xperia Z5のイヤフォンジャックやUSBポートからタオルで水気を取るときにあわせてテグス部分を拭いてやる程度。

もっといい音で聴きたい熱

Xperia Z5をモニターし始めてから困ったことに「せっかく映像も綺麗になったのだから音も、もう少し良くしたい」という思いが湧いてきた。本来、お風呂では音響的に良い環境を求めても実現は難しい。費用をかけてそれなりのシステムを組めばできなくはないだろうけど。

Xperia Z5単体のオーディオ性能でこれだけ良くなるなら何か手立てはあるんじゃ無いか?と色々検索してしまう。

そこで手を出したのが防水スピーカーSRS-X1。年末に向けて〝ご愛顧感謝お買い物券〟と称して3,000円分の買い物券が配られていたので思わず。

使わなくても良いのに使いたくなる買い物券

使わなくても良いのに使いたくなる買い物券


SRS-X1 | アクティブスピーカー | ソニー

下記リンク先にある様にこの小さなスピーカーも防水仕様。

SRS-X1と過ごすハッピーな一週間 | アクティブスピーカー | ソニー

お風呂場外にBT接続できるメディアプレイヤーを置いておいて、接続の上、再生しても良い。

SRS-X1とBluetooth接続できるNW-A17

SRS-X1とBluetooth接続できるNW-A17

SRS-X1本体の前曲/次曲、再生/停止、音量調節のボタンが使えるのでメディアプレイヤー(NW-A17)自体を触ることはない(濡れては困るメディアプレイヤーを脱衣所など、外に置いておける)。

同様に防水でないスマートフォンを接続しておいて使用も可能。この場合は着信があった場合にはSRS-X1本体の通話ボタンでスピーカーフォンとして、ハンズフリー通話が可能となっている。これはXperia Z5でも同様。

Xperia Z5とSRS-X1

Xperia Z5とSRS-X1

因みに、NAS上のファイルでも端末(若しくはmicroSDカード)内のファイルでもMX Playerでmp4ファイルを再生するときには画像と音声の遅延はないのだけど、TMPGenc PGMX PLAYER forAndroidでは若干の遅延がある。ここはpgmxファイルの操作性よりも動画としての品質を取ってmp4ファイルを再生した方が良さそう(NAS上から直接pgmxファイルを読もうとすると容量大きくてキャッシュが貯まるまで時間かかるからNASから直は有り得ないけどね)。

MX Player – Google Play の Android アプリ
TMPGEnc PGMX PLAYER forAndroid – Google Play の Android アプリ

濡れた手での指紋認証し難い問題の対処法

今回のXperia Z5から電源ボタンに指紋認証センサーが搭載された。電源を押した指でそのまま認証することでパターンやPINナンバーを入力することなくスリープ解除ができる(事前に指紋を登録必要)。

電源を押して、パターン/PINの操作をしてスリープ解除する2ステップが1ステップになるだけなのに結構便利。これまでの2ステップがどれだけ面倒臭い手順だったんだろうか?と思えてしまうので使い始めると、もう戻れなくなる。

Xperia Z5のモニターをするまでは〝パターン(入力)〟とG-SHOCKでの〝Smart Lock〟を使ってたんだけど、指紋ロック解除機能を使い始めてからSmart Lockをしないようになった。Bluetooth接続が距離等で途切れてることもあるので指紋による認証の方が断然便利。

端末の自動ロック解除をセットアップする – Nexus ヘルプ
※Smart Lockについての記述
[カギ] スマフォへの通知を教えてくれるG-SHOCK GB-5600Bの限定モデルGB-5600B-K8JFを購入した | カギログ

風呂モバをしたときに困るのが、濡れているとその指紋ロック解除が機能し難いこと。

「もう一度試してください」が出て認証されないことが多い

「もう一度試してください」が出て認証されないことが多い

(個人的に)さらに残念なことにXperia Z5では〝指紋ロック解除機能〟と〝パターン〟は一緒に使う事ができない。個人的に残念な理由は濡れた手でパターンをなぞっていく方が番号をタップしていくよりも誤動作が少ないため。

「[パターン]は指紋ロック解除機能と互換性がありません」の表記

「[パターン]は指紋ロック解除機能と互換性がありません」の表記

これはNexus 6Pでは共存できるのでXperia Z5の〝指紋ロック解除機能〟とNexus 6Pの〝Nexus Imprint〟が少し異なった扱いになっているみたい。

これはNexus 6Pの設定画面(Nexus Imprintの表記がある)

これはNexus 6Pの設定画面(Nexus Imprintの表記がある)

Smart Lockの活用

そこでSmart Lockの復活。

SRS-X1とXperia Z5を接続した際に〝信頼できるデバイス〟として登録しておく、と言うもの。

お風呂に入るときにSRS-X1を起動、BluetoothでXperia Z5と接続しておくだけで、スリープ画面からの復帰は画面のスワイプで可能となる。

SRS-X1とのペアリングのときに

SRS-X1とのペアリングのときに

Notificationに出る南京錠マーク

Notificationに出る南京錠マーク

Smart Lockの設定画面に飛べる

Smart Lockの設定画面に飛べる

右下の「信頼できるデバイスとして追加」リンクをタップ

右下の「信頼できるデバイスとして追加」リンクをタップ

使っているPINを入力して「次へ」

使っているPINを入力して「次へ」

ダイアログ内「追加します」リンクをタップ

ダイアログ内「追加します」リンクをタップ

SRS-X1が登録済みになる

SRS-X1が登録済みになる

これをやっておくとSRS-X1の電源が入っていて、Bluetoothでつながっている間はスワイプだけでスリープ画面から復帰できるので注意が必要。


Xperia Z5のモニター機を返却したらXperia Z3 Tablet Compactに戻るんだろうか?指紋ロック解除機能やカメラの性能、画面やオーディオ性能の高さから悩ましいことになりそうで怖い。


Xperia™アンバサダープログラム登録用フォーム

シェアする

コメントを残す

*