[カギ] Xperia Z5のゴールドの見た目

比べるために購入したNexus 6P スペシャルエディションとXperia Z5 ゴールド

Xperiaアンバサダーミーティングに参加したのが12月10日。そこから1ヶ月近く毎日このモニター機を使ってる。

オムニバランスデザインがXperia Z4で完成されて〝あまり変わってない〟と考える派とフロストガラスの採用によって〝大きく変わった〟と考える派の両方が散見されるけど、個人的に自分は後者。〝Xperia持ってる!〟という主張よりも生活に溶け込んでる感が出ているXperia Z5のデザインが今は心地よい。


ソニーモバイルコミュニケーションズ|Sony Mobile Communications

モニター機としてお借りしているXperia Z5(無印)で言えばホワイト、グラファイトブラック、ゴールド、グリーンがラインナップ。

ホワイトはフロストガラスによって柔らかな印象で、ブラックはグレー寄り。新しく用意されたグリーンも主張しすぎず、とても良い。


Xperia™ Z5 | 仕様 | ソニーモバイルコミュニケーションズ

そんな中、モニター機が入った袋を受け取ったときに目にしたのは「カラー:ゴールド」の記述。ギラギラした金粉のイメージが頭を過ぎったけど取り出して手にして見たところ、こちらも落ち着いたカラー。

Webで見る用に少しキツ目の色で書き出したけど、実際の色はもう少しおとなしい。

フロストガラスが貼られたXperia Z5 ゴールドの背面

フロストガラスが貼られたXperia Z5 ゴールドの背面

差し込む際に傷付け易いmicro USBポートはプラスチックで保護されている

差し込む際に傷付け易いmicro USBポートはプラスチックで保護されている

ボリューム、シャッターボタンもゴールドなXperia Z5 ゴールド

ボリューム、シャッターボタンもゴールドなXperia Z5 ゴールド

ここで指紋認証の為に大きくなった電源ボタンをゴールドにしてたら印象が(悪い意味で)違ったかも。きちんとシルバーだけど、テクスチャ感は統一。

ベゼル部分もガラスでおおわれている

ベゼル部分もガラスでおおわれている

刻印となったXPERIAのロゴ(Xperia Z5 ゴールド)

刻印となったXPERIAのロゴ(Xperia Z5 ゴールド)

比べるために購入したNexus 6P スペシャルエディションとXperia Z5 ゴールド

比べるために購入したNexus 6P スペシャルエディションとXperia Z5 ゴールド

こうやって比べて見るとNexus 6P スペシャルエディションはピンクゴールドに近い。

もともと撮影した写真をEyefiで転送して見る目的でNexus 6を常用し、大きいサイズの端末に手が慣れてしまっているのでXperia Z5(無印)の持った時の印象は「小さい」。厚みがしっかりしているのが逆に手にしっくりくる。自分の周りで人気のXperia Z5 Premiumのサイズでも問題ない感じ(写真を確認するときにXperia Z5 Premiumのサイズと解像度はとても魅力的)。

ディスプレイ周りの比較

カメラを持ち歩く際に、カメラにはEyefiを差し込んで持っているスマートフォンに転送して確認したり、SNSに投稿したり等しているのでディスプレイ表示は気になるところ。

個人的にディスプレイサイズもだけど、やっぱりその密度を比べてしまう。

  Xperia Z5 Xperia Z5 Premium Nexus 6P
ディスプレイサイズ 5.2インチ 5.5インチ 5.7インチ
解像度(pix) 1.920 x 1,080 3,840 x 2,160 2,560 x 1,440
画素密度(ppi) 428 806 518
Xperia™ Z5 | 仕様 | ソニーモバイルコミュニケーションズ
Xperia™ Z5 Premium SO-03H | 仕様 | ソニーモバイルコミュニケーションズ
Xperia Z5 Premium vs. Xperia Z5 vs. Xperia Z5 Compact | Digital Trends
Nexus 6P スペシャル エディション – 32 GB、64 GB、128 GB から選べます。 – Google ストア
※スペシャルエディションは32GB、128GBは選べないですよね?

また、評価がうなぎ登りのXperia Z5シリーズの指紋ロック解除機能を使う際もスッと指がセンサに当たるようになるので〝手に持ったときの印象〟を意識して良い評価ができるXperia Z5は持ち易さにおける大幅な物理スペックが向上した端末になってる。

シェアする

コメントを残す

*