[カギ] クロネコヤマトとLoFtがコラボしてた #クロネコアンバサダー

第4回 クロネコヤマトアンバサダーミーティング

銀座のパーティールームで開催されたクロネコヤマト アンバサダーミーティングでヤマト運輸とLoFtのコラボレーションに関する発表を聞いてきた。


オムニ7 – ロフト | クロネコヤマトコラボ

ヤマト運輸 x LoFt

情報が解禁となる11月7日の前日、11月6日にクロネコヤマトアンバサダーミーティングを開催。アンバサダーにはこのコラボレーション企画について事前に発表された。既に本企画は全国108の店舗で展開され、〝クロネココラボグッズ〟38種類が販売されている。

クロネココラボグッズ販売


期間限定!全国のロフト店舗でクロネココラボグッズを販売 | ヤマトホールディングス
こちらはヤマト運輸側のリリース

ヤマト運輸のCM等でよく見掛ける〝クロネコ〟。これをモチーフにLoFtのオリジナルグッズを販売する。これはLoFt限定販売となるので、店舗かネット通販サイト「オムニ7」でしか手に入れることが出来ない。


クロネコ チャーム|ステーショナリー | ノート・ルーズリーフ・付箋紙 | |アズウェーブ|ロフトネットストア
絶対に店舗で見てもらいたいランキングNo.1はこのチャーム。サイズ感が素敵。

どの店舗でもこのクロネココラボグッズの取り扱いがあるように展開されているが、どの店舗にも全商品が置いてあるわけではない、とのこと。店舗によって取扱商品に違いがあることに注意。

実際に店舗をのぞいてみた(後日追記)

早速イベント後に実店舗をのぞいてみた(以下、お店の人に了解をいただいて撮影させていただきました。)

〝にゃんともかわいいクロネコグッズ〟と紹介されてる

〝にゃんともかわいいクロネコグッズ〟と紹介されてる

この店舗ではキャラクターグッズの並びにクロネココラボグッズの一角が用意されていた。

うさまるやカナヘイなどと並べられていた

うさまるやカナヘイなどと並べられていた

アイテム種類が思ったより多岐にわたるので種別毎の並びではなく、キャラクターグッズの並びを探すと見付かりやすいかも。

当然、フロア面積の関係で大きくスペースを割けない店舗もあるだろうから(と言いながら、自分が見に行った大型店舗、中型店舗では比較的大きく展開されていた印象)。

何が良いって黄色地に黒文字のLoFtのロゴと相性が良すぎる

何が良いって黄色地に黒文字のLoFtのロゴと相性が良すぎる

この店舗でもオリジナル宅急便コンパクト専用BOXの取扱いがあった

この店舗でもオリジナル宅急便コンパクト専用BOXの取扱いがあった

写真撮影のお願いをしたときにも事務局の方から「好評で在庫が少なくなってる店舗が多くなっているから、行くなら急いで!!」って言われたとおり、1ヶ月も経ってないのに陳列棚が空っぽになっている商品もある。

LoFt店舗に馴染んじゃうクロネココラボグッズ

LoFt店舗に馴染んじゃうクロネココラボグッズ

是非、再生産、続編等検討してもらいたい。

クロネココラボグッズのこだわりが酷い(褒めてる)

元々、LoFtはコンセプトを持って新しいものを提供してくれる。クロネコヤマトアンバサダーイベントでは時代に合った商品の組み合わせによる企画や、そこから生まれた自主商品開発が強みと説明された。

これまでも多くの企業とコラボレーションし、企画提案、商品提供を行ってきたLoFt担当者が巨大クロネコのプロモーションを見て、LoFtの文具仕入れ担当者からヤマト運輸にアプローチ。ヤマト運輸担当が受け入れ、本コラボ実現の運びとなった、とのこと。

アンバサダーイベントでの2社コラボの〝なれそめ〟スライドその1

アンバサダーイベントでの2社コラボの〝なれそめ〟スライドその1

アンバサダーイベントでの2社コラボの〝なれそめ〟スライドその2

アンバサダーイベントでの2社コラボの〝なれそめ〟スライドその2

LoFtの豊富な経験と柔軟な発想力からどんどん商品アイデアは生まれ、それぞれの商品毎にこだわった開発企画が進められた。

例えばこのレンズ付きフィルムは〝NEKOCOLOR〟になってる

例えばこのレンズ付きフィルムは〝NEKOCOLOR〟になってる

パッケージにはクロネコの顔が並び〝ネコカラー〟をフジカラーフォントで

パッケージにはクロネコの顔が並び〝ネコカラー〟をフジカラーフォントで

この他、LoFtの持っている引き出しをどんどん開いて提案を行い、開発を進め、絞り込まれたのが今回販売されることになった38種類。なので、一つ一つが良い味を出してる。

LoFtオリジナルデザインの宅急便コンパクト専用BOX

また、このタイミングで宅急便コンパクトのLoFtオリジナルデザインを開発し、提供する。

LoFtオリジナルデザインの宅急便コンパクト専用BOX

LoFtオリジナルデザインの宅急便コンパクト専用BOX

なお、LoFt店内から発送する場合に限って、LoFtオリジナル宅急便コンパクト専用BOXの本体が税込み108円、配送料が税込み432円。通常、宅急便コンパクトは発送元の届け先の組み合わせで料金が異なるが、全国一律の料金で提供される。

例えば北海道から沖縄に宅急便コンパクトを送る場合、サイト上では1,188円(と専用BOXの費用)がかかる

例えば北海道から沖縄に宅急便コンパクトを送る場合、サイト上では1,188円(と専用BOXの費用)がかかる

もちろん、一般の宅急便コンパクトであっても「クロネコメンバー割(同BIGで15%割引)」「デジタル割(50円引)」「持込割(100円引)」を使えば安くなるけど、上記北海道→沖縄の場合では(自分の計算だと925円?なので)全然安い。

クロネコメンバー割 | クロネコメンバーズ

リリースにもあるように一部配送承り不可の店舗があるようなのでこれも注意。

宅急便コンパクト専用BOXの進化

今回のアンバサダーイベント内で宅急便コンパクト専用BOXを組み立てたのだけど、以前とは仕様が異なっていた。

この側面に向かって差し込む機構なんて無かった気がする

この側面に向かって差し込む機構なんて無かった気がする

丁度、イベント中のワークショップでヤマト運輸のご担当がいらっしゃったので「いつからこうなったのか?」伺ったところ、答えは「日々進化しているので〝いつから〟はチョットはっきりしない」とのこと。

「何か改善をする良いアイデアがあったときにはスグに取り込むようにしている」と以前のイベントでも伺ったのだけど本当にそれを実行しているみたい。ホント真面目。

[カギ] 第2回クロネコヤマト アンバサダーミーティングに参加した #クロネコアンバサダー | カギログ

そう言えば、その前回のアンバサダーイベントにて「自分でデザインできるなら65円の宅急便コンパクトの箱が500円になっても構わない」発言に、ヤマト運輸の方は「箱にですよ!?」と驚かれた記憶。彼らはその後、各地方での限定BOX展開などを経験している。

「デザインを含む付帯サービスが伴えば価格の上昇があっても宅急便コンパクトを選択する」を感じ、利用者やアンバサダーの声を拾い上げてくれた結果がこういったコラボ時の専用BOX提供につながったのではないかと考えたらとても嬉しい。

ご当地宅急便コンパクト専用BOXも一部展示されていた

ご当地宅急便コンパクト専用BOXも一部展示されていた

これは広島のデザインで(確か)のり付けする箇所に通常版はクロネコが歩いてるところを鹿が歩いてるデザインだったはず

これは広島のデザインで(確か)のり付けする箇所に通常版はクロネコが歩いてるところを鹿が歩いてるデザインだったはず

各店舗でプチギフトの提案を展開

クロネコヤマトで言う〝小歳暮〟の提案を各店舗で行う。〝プチギフト〟とある様に宅急便コンパクトサイズでの提案となる。LoFtには様々な素敵な商品があるのでコンセプトを持ったプチギフトの提案がたくさんありそう。こちらは今度、実際に店舗で確認したい。

この日の参加者にはクロネココラボグッズプレゼントがあった。写るんですの特別パッケージとマスキングテープ。その他ラッピング用品もいただき、それぞれが自分宛にプチギフトを作り上げる。

クロネココラボグッズと緩衝材やラッピング用の文房具をいただいて自分への子歳暮を

クロネココラボグッズと緩衝材やラッピング用の文房具をいただいて自分への子歳暮を

こういうのが上手な人が多くて羨ましい

こういうのが上手な人が多くて羨ましい

箱が可愛らしいデザインなのでプレゼントが栄える

箱が可愛らしいデザインなのでプレゼントが栄える

これを自分宛に送付し、宅急便と同時に動画を送るサービスの体験を行うことになった。

宅急便のお届けと同時に動画もお届けするサービス(体験版)

送り状番号と届け先の携帯番号があれば、自分が録った動画がアップロードされた先のリンクをSMSで荷物の到着と同時に送ることが出来るサービス。


宅急便のお届けと同時に動画もお届けするサービス(体験版)を期間限定で開始します | ヤマト運輸

こちらは年末までの限定で体験版として提供されている無料のサービス。送る機会があれば利用しない手はない。


いっしょに動画もどうでしょう

上記ページに従って登録しておけば、受け取りタイミングで受け取り側の携帯にSMSでURLが送られる。もちろん、送った側にも動画が見られたことを伝えるSMSが届く。

因みに、動画の保存期間は10日間。

FAQ | いっしょに動画もどうでしょう
ここの「登録した動画の保存期間はどのくらいですか?」の質問への回答が「動画を登録した翌日から10日間となります。」(その後は自動削除となるらしい)と説明されている

クロネコヤマトは、宅急便は40周年を迎える。〝変わらないもののために、変わりつづける〟をコンセプトに「お客さまのために」という〝変わらない〟目的のためにチャレンジし、進化し、〝変わりつづけ〟ていく。


宅急便40周年|ヤマト運輸

これは「進化する宅急便」のページにある、国際クール宅急便、匿名配送や、ロッカー受け取りなどの「新しい便利」の提供にもつながる。


進化する宅急便|宅急便40周年|ヤマト運輸

大きな荷物は木箱に入れて国鉄に頼むしかないような時代からサービスが始まって、ずっと人の生活をサポートし続ける。新しい、使いやすい、親しみやすいサービスを開発し、提供し続ける。

それらのサービスを知ってもらう活動も行う。そこには巨大クロネコのプロモーションもあった。クロネコの魅力がキッカケでこういった新しいカタチのコラボレーションにつながる。

ヤマト運輸の本業から離れた、こういった分野での活動展開は意外ではあるものの、とても興味深く、折角なので楽しんでしまいたいと思えた。クロネコヤマト x LoFtのクロネココラボグッズは数量限定なので店舗に行ったときに是非、黄色い一帯を探してみたい。

シェアする

コメントを残す

*