[カギ] ZEISS Batis 2.8/135を他の135mmレンズと比べてみた

やっとEマウントで135mmの短焦点レンズが出てきた。それもサードパーティのZEISSから。

Eマウントカメラはマウントアダプタを介すだけで使えるレンズ(マウント)が増える。別に純正のレンズじゃなくても好きなレンズを使えば良いのにって思えるようになる。本体での画像処理の仕方とかの組み合わせで出てくる画は異なるけど。


ZEISS Batis 2.8/135 | Fullframe autofocus lens for Sony α series

〝純正じゃないと〟って考えより〝どの組み合わせが好きな色になるだろう〟の方が多くなる。もちろん、純正レンズとの組み合わせで出てくる画も互いに同じメーカの計画の下で最適化されているから出てくる画は、当たり前のように素敵。

純正のEマウントレンズか、サードパーティのEマウントレンズか、他マウントレンズか。選択の幅が広い。

自分がAマウントカメラを使っていたときはLensbabyのVelvet 56以外は全部、Sony純正(のZEISS)レンズだったのだけど、Eマウントカメラに変えてからは純正のレンズを買ってない。持っているレンズは全てサードパーティ製っていう極端な変化。

今回発表されたBatis 2.8/135にもアレルギーはない。

  Batis 2.8/135 SAL135F18Z Art 135mm F1.8 DG HSM EF135mm F2L USM
参照リンク リンク リンク リンク リンク
重量 614g 995g 1,130g 750g
長さ 120.0mm 114.5mm 114.9mm 112.0mm
フィルター径 67mm 77mm 82mm 72mm
最短撮影距離 0.870m 0.720m 0.875m 0.900m
絞り羽根枚数 9枚
※ソース
9枚 9枚 8枚

もっと他のポイントを比べるのが普通なのかもしれないけど個人的に気になるところだけ。重量と長さ、(多分)最短撮影距離はそれぞれのマウントアダプタ分が加算されるので変わってくるはず。

その上でBatis 2.8/135は軽くて長くない(因みに上記表内数値はフードを外した長さ、かつ、Eマウントカメラで使う場合はマウントアダプタ分の重さや長さが他の3レンズには加わるはず)。

フィルター径も他のレンズと比べたら全然小さい。これはBatis 2/25、同1.8/85と同じ大きさ(Batis 2.8/18だけ77mm)。小柄なので数本バッグに放り込んでおけるからってだんだん鞄が重くなってしまうアレ。

最後に羽の枚数。偶数か奇数か?だけで枚数自体に興味がある人は少ないかもしれないけど。好みだし。

Batisだけで言うと、価格がこれまで(25mmは1,299ドル、85mmは1,199ドル、18mmは1,499ドルとかだったはず)と違って高価(1,999ドル)らしい。

焦点距離違うし、明るさ(F値)だけで値段や、性能が決まるものでもないので写真撮ってみて欲しかったら買ったら良いと思うし、悩んでる間に撮れる写真も撮れないのは残念な結果になるんじゃ?

逆に、この焦点距離が必要無い人もいるだろうからそう言う人は買わない方が良いし。

このレンズが発表されたときに〝F2.8にすることでサイズ/重量を小さく出来るから良い〟なんてのをよく見た。正直、個人的には明るいレンズは正義だと思う。絞ってF2.8にできるのと、開放でF2.8では全然違う(開放から描写力が高いことが誉められてるみたいだからそういった変わっていくかも知れないね)。暗いイベント会場では被写界深度が浅くてもポイントにピントが来さえすれば、開放で撮って明るさを稼げる方が良いし。特に長いレンズだと尚更。

ただ、このレンズくらいしか今は興味が湧くモノは無い。焦点距離が長ければ長いほど被写界深度が深い方がターゲットにピントの合った写真が多く撮れるようになる(逆に薄い写真は条件を揃えないと撮れなくなるけども)。幸い、自分の持っているカメラが高感度に強いものなのである程度絞って、シャッタースピードは感度を上げることで稼いで…とすれば良さそうだなって思える。

当たり前過ぎることばかりだけど、このレンズの情報から得る印象はそんな感じ。

Related Posts (YARPP)

シェアする

コメントを残す

*