[カギ] ジッツオ クイックリリースプレートスクエアCで1/4⇔3/8変換アダプタの呪縛から解き放たれた

DC-38Qと互換アダプタとジッツオのCプロファイルプレート2種類

Gitzoのフルード雲台(G2180)にアルカスイス互換のPeakDesignのプレートを取り付けるために試行錯誤した際、クイックリリースプレートの(GS5370C)が救世主となったのでメモ。

G2180に付属のプレートにアルカクランプを介してPeakDesignのプレートを接続したら良いだけなのだけど、雲台側プレートは1/4インチねじ(オス)、アルカクランプは3/8と言う組み合わせになってしまう。

これはアルカクランプ側で3/8インチと1/4インチねじの両方に対応させるが為に1/4インチを使うときには変換アダプタを介す構成にしていることが多いため。

3/8⇔1/4変換アダプタの剛性が心配で使用を躊躇していたのだけど、そんな矢先に見付けたのがこのGS5370Cだった。


ジッツオ クイックリリースプレートスクエアC

Gitzo フルード雲台 G2180

一眼カメラで動画撮影したいと思ったときに気になったのが一脚とフルード雲台の組み合わせ。パン棒を外したときのソリッド感(壊れにくくてシッカリとしたイメージ)が気に入ったし、半額以下で手に入れられるチャンスがあったのでかなり前に購入したフルード雲台がG2180。


ジッツオ フルード雲台 | G2180 | Gitzo

このフルード雲台にはクイックリリースプレートスクエアC(Cプロファイル)が付属している。

ジッツオのフルード雲台G2180

ジッツオのフルード雲台G2180

2014年頃からジッツオもアルカスイス互換の〝Dプロファイル〟を採用し始めているのだけど、このフルード雲台G2180は2006年頃発売のものなので対応していないけど仕方が無い(以下はDプロファイルの雲台が発売されたときのデジカメ Watchの記事)。

ジッツオ、雲台に新クイックリリースシステム採用 – デジカメ Watch Watch
もちろんPeakDesignのプレート(アルカスイス互換)をそのまま付けようとしてもダメ

もちろんPeakDesignのプレート(アルカスイス互換)をそのまま付けようとしてもダメ

色んな方法を考えてみた。

雲台のクランプを交換する方法

最初に考えたのが雲台のクランプ(受け側)を交換してアルカ互換プレートをそのまま脱着できるように改造する方法。

通常タイプの雲台であればSUNWAYFOTOのDDC-G1のような互換ヘッド(クランプ)を取り付けることも出来るのだけどフルード機構と一体化したG2180では難しい。


DDC-G1 GItzo・SUNWAYFOTO【サンウェイフォト】正規輸入代理店
ジッツオのフルード雲台G2180からプレートを取り外した

ジッツオのフルード雲台G2180からプレートを取り外した

上記写真のグレーの部分が雲台のクランプで一体型になっているのがわかる。ここを取り換えられるサードパーティの製品があったら良いのだけど、そういった製品を見付けられなかった。取り外せそうではあるのだけどね。

この方法はアッサリ却下。

Cプロファイルをアルカスイスに変換するアダプタを使用する方法

探してると見付けたのがこのSUNWAYFOTOのPG-01。


SUNWAYFOTO【サンウェイフォト】正規輸入代理店

Amazonの説明には〝アルカスイス規格のプレートなどをGitzoの雲台などに取り付ける為のアダプターになります。〟との記述。値段もそんなに高くない。

Amazon | 【国内正規品】 SUNWAYFOTO Gitzo用ホルダーアダプター PG-01 SF0219 | クイックシュー・プレート・ブラケット 通販
SUNWAYFOTOのPG-01

SUNWAYFOTOのPG-01

これを雲台側のクランプにかまして、アルカ互換のプレートを装着できるみたい。

G2180にPG-01を介してPeakDesignのアルカ互換プレートを装着

G2180にPG-01を介してPeakDesignのアルカ互換プレートを装着

ハマる。ハマるけど、少しこの組み合わせは緩いらしく、カメラを上にのっけてフルードで傾けたときにカメラがスッと落ちそう。

他の組み合わせだとシッカリと保持してくれるんだろうけど、上手くいかなかった。この組み合わせが一番ミニマルだったので期待したのに落下を心配しながら使用するのは避けたいので却下。

Cプロファイルのプレートの上に更にアルカ互換クランプを取り付ける方法

このクランプonクランプ案を考えて最初に見たのがこのジッツオ クイックリリースアダプター5型DのGS5760D。


ジッツオ クイックリリースアダプター5型D

なんせ、高いし、デカイし、重い。フルード雲台のG2180だけでも570g(パン棒を外したら少しだけ軽くなるかも)で、このGS5760Dが312gなのでもう少し軽くてコンパクトなクランプを探す。

安くて小さくて(軽くて)他に干渉しない(ノブが雲台やプレートに干渉するとがか無い)モノを探して見付けたのがMENGS PHOTOのDC-38Q。


MengsPhoto | MENGS® DC-38Q Quick Release Clamp Solid Aluminium With 3 Strap Buckles Compatible With RRS ARCA-SWISS KIRK Wimberley MARKINS Kangrinpoche

日本で買ったら2,000円くらい。自分が使用している範囲ではPeakDesignのアルカ互換プレートで取り付けたカメラをを問題なく保持してくれる。

DC-38Qを1/4インチねじでCプロファイルプレートに取り付け

DC-38Qを1/4インチねじでCプロファイルプレートに取り付け

Cプロファイルプレートの1/4ねじでシッカリと取り付け、フルード雲台側のノブも問題なく使用できる。

まずはアルカ互換クランプだけど雲台に取り付け

まずはアルカ互換クランプだけど雲台に取り付け

いつもはこの形で三脚や一脚を持ち歩いてこのクランプにPeakDesignのプレートを取り付けるだけの運用になる。

アルカクランプがある分背が高くなるけど一応取り付けられる

アルカクランプがある分背が高くなるけど一応取り付けられる

安くて、小さなアルカ互換クランプは1/4インチねじ穴が付いていない問題

探していて見付かるのはクランプの底面にあるねじ穴が3/8インチのモノばかり。前述のGS5760Dも、DC-38Qも底面には1/4⇔3/8変換アダプタが取り付けられている。

さっき見たSUNWAYFOTOのページでアルカ互換クランプで1/4ねじに直接対応しているものを探してみた。3商品(DDC-42LDDC-26DDC-42LR)しか見当たらず大体が3/8ねじ穴(DDC-42LRはDDC-42Lの派生だから結局2タイプのみ?)。もちろん、変換アダプタを介せば1/4も使えるので普通は問題ないはず。


ジッツオ 1/4”-3/8”アダプター | GS5000 | Gitzo
[カギ] PIXI EVOもアルカスイス互換にしたらスッキリ | カギログ
DDC-26は以前購入してたもの
左からDC-38Q、変換アダプタ、雲台のCプロファイルプレート

左からDC-38Q、変換アダプタ、雲台のCプロファイルプレート

取り付けられた状態で見ている限りは問題なさそうだけど、雲台のCプロファイルプレート上の変換アダプタのホールド感を見ると少し不安。

Cプロファイルプレートねじの突起部が短いのであるかクランプの中ではこんな感じに

Cプロファイルプレートねじの突起部が短いのであるかクランプの中ではこんな感じに

どこのメーカであってもこの変換アダプタの剛性には不安を覚える。ただでさえ(雲台の)クランプ⇔(雲台の)プレート⇔(アルカ互換の)クランプ⇔(PeakDesignの)プレート⇔カメラという複数接続の構成なのにここにアダプタがる状態なのは何とかしたい。

1/4ねじ対応のアルカ互換クランプを諦める

発想を変えてアルカ互換クランプ側の1/4対応を諦めて雲台のプレート側を3/8にする方法を考えてみた。ジッツオ クイックリリースプレートスクエアCのGS5370C。


ジッツオ クイックリリースプレートスクエアC

このプレートはフルード雲台G2180に対応していて、かつ、ねじを1/4と3/8から選べる。

DC-38Qを3/8インチねじでCプロファイルプレートに取り付け

DC-38Qを3/8インチねじでCプロファイルプレートに取り付け

Cプロファイルプレートのねじへの接続感は先ほどとあまり変わらないけど、剛性面での安心感はある。

ねじの太さ以外の違いは無さそう

ねじの太さ以外の違いは無さそう

一つだけでもパーツを減らしたいタイミングで3/8インチねじに対応したこのCプロファイルプレートのGS5370Cは渡りに船。

結局DC-38Qをもう一つ買っちゃった

結局DC-38Qをもう一つ買っちゃった

可能なら全てのねじ穴サイズが統一されてくれたら良いのだけど、3/8インチに統一すると強くはなるけど小さなパーツに対応し難くなるし、大人の事情以上のものがあるのだろうから仕方無いんだろうね。

取り敢えずアルカスイス互換に色々統一しようとしたらクランプやプレートがどんどん増えていくのでそろそろなんとかしたい。

とか言いながらタイムラインで教えてもらったDDC-50Lとか、サイズによっては3/8対応のDDC-42Lとかも気になってる。

シェアする

コメントを残す

*