[カギ] ScanSnap iX500でOCRしてモバイルに保存する方法 #ScanSnap iX500 モニター

普通にドンドン読み込まれていく

ScanSnap iX500で原稿読み取り時にOCRをかけた上で最短距離でモバイル端末に保存する方法をメモ。


ScanSnap iX500 : 富士通

PCレスで取り込んだ場合にOCR処理ができない

Android OSやiOS搭載のスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末にワイヤレス(無線LAN経由)で、それもPCレスでスキャンデータを取り込めるScanSnap iX500。取り込み速度も速いし、処理速度も速く、接続のわずらわしさがない超万能スキャナー。一点、注意が必要なのがPCレスでスキャンした場合の仕様(2012年11月30日の発売当初時点)。

PCにUSBで接続しスキャンした場合と無線LAN接続でタブレットのアプリによりスキャンした場合の唯一の違いは「OCRできないこと」。

基本的に今回のScanSnap iX500は原稿をスキャンし、データ化する部分とOCR処理の部分をハード側で実行することでこのスピードを実現している、という説明だった。そのため、なぜPCレスの場合に違いが出るのか不思議。その辺は誰かがカンファレンスで聞いているかもしれないのでレポートを待とうと思う。単純に戦略的意図があるのかもしれないけど。

せっかく紙原稿を電子データで残すならOCRもかけておきたい

自分は紙の原稿を電子データとして保存をする際にできる限り良い状態で大容量HDDに保存したい。読み取り品質は高い方が良いし、OCRはかけて文字データとして保存できる方が良い。

ScanSnap iX500をUSBのケーブルでPCにつないでOCRスキャン→PCのHDDに保存したものをNASやクラウドにコピーし、もしくは直接NASやクラウドに保存→それをモバイル端末でダウンロード、となると若干面倒。文具王(高畑さん)がカンファレンスでおっしゃってた「今読みたい本を持ち出せるスピード感」が感じられない。

[カギ] 株式会社PFU企画・主催 ScanSnap ユーザーカンファレンスに参加した | カギログ

…って思いながらモニターとして受け取ったScanSnap iX500をPCに接続、セットアップしてみたら案外あっさりその”スピード感”を保ったままOCR処理ができる方法がわかった。

超便利!「モバイルに保存」コマンド

その答えは簡単。クイックメニューにある「モバイルに保存」を選べば、スキャンしたデータがそのままモバイル端末に無線LANを介して保存されちゃう。

以下はその方法。

まずは普通にUSBでPCに接続し、スキャン。

PCでスキャン実施

PCでスキャン実施

品質はPCで設定した内容になる。そのため、読み取り時にOCRをかける設定にすることを忘れずに。

普通にドンドン読み込まれていく

普通にドンドン読み込まれていく

クイックメニューで「モバイルに保存」を選択

クイックメニューで「モバイルに保存」を選択

「モバイルに保存」の説明

「モバイルに保存」の説明

接続時のパスワードを設定する

接続時のパスワードを設定する

任意のパスワードを入力してOKボタン

任意のパスワードを入力してOKボタン

スキャン後に誰かにインターセプトされない限りパスワードは簡単なものでも良いし、家族で使う場合はお父さんが1111、お母さんが2222、お兄ちゃんが3333…と勝手に決めていても良いかも。

Windowsのセキュリティについて注意がポップアップ

Windowsのセキュリティについて注意がポップアップ

自分の環境(Windows 7 pro)ではこのメッセージだった。

アクセスを許可する確認

アクセスを許可する確認

前の画像にあったように”Scan to Mobile”になっていることを確認して許可しよう。

接続しているモバイルが無い時のメッセージ

接続しているモバイルが無い時のメッセージ

ここでモバイル端末を操作。

「設定」を選択

「設定」を選択

「接続しない」になっている所を選択

「接続しない」になっている所を選択

無線LANで接続されているはずなのにすぐに転送されない場合は、もしかしたらScanSnap iX500が接続先として選択されているかもしれない。

PCを選択すると接続される

PCを選択すると接続される

接続が確認されるとすぐ転送処理が走り、パスワードを聞かれる

接続が確認されるとすぐ転送処理が走り、パスワードを聞かれる

PC側で設定したパスワードを入力してOK

PC側で設定したパスワードを入力してOK

パスワードで認証されたら、これまたすぐファイルが送信がされる

パスワードで認証されたら、これまたすぐファイルが送信がされる

転送が進む

転送が進む

読み取りデータの転送が完了する

読み取りデータの転送が完了する

送信完了

送信完了

とりあえず読み込んだデータをOCR付きでモバイル端末に読み込めたので外出準備完了。NASには戻ってから時間があるときにでもバックアップ感覚でコピーでもすれば良い。

「紙原稿を読み込んでデジタルデータで持ち出したい」を簡単に実現できるScanSnap iX500での(自分の中での)唯一の弱点である”PCレススキャンの場合にはOCR不可”をいとも簡単にクリアできてしまうこのオプションを思いついたエンジニアさんに感謝。

もっとも、PCレスでできるに越したことはないのでPCレスで読み込んだ場合でもOCRオプションをオンにできるように今後のアップデートで対応してほしい。

また、セキュリティーポリシーから読み取りデータを機械の中に残さないことが優先されている結果だとは思うけど、読み込んだデータを無線LANでモバイル端末に転送すると同時にNASなどの特定フォルダにコピーを保存する機能を入れてもらえるとうれしい。

Fans:Fans

モニターに択ばれた方のブログを追記


my bright tomorrow.


ちわわのまま

シェアする

コメントを残す

*