[カギ] マンフロット XUMEでレンズフィルタの交換が簡単になったら動画撮影を楽しめるようになった

左からレンズ、マグネットベース、フィルターフレーム、プロテクトフィルタ

マグネットで簡単にレンズフィルタが交換できるマンフロット XUMEを買ってから動画を撮影する頻度が上がったのでメモ。


フィルターアクセサリー

一眼カメラを持って出掛けているときは静止画も撮りたいし、動画も録りたい。

動画は24fpsで撮影したいのでシャッタースピードを1/50に設定する。そうすると露出オーバーになりがち。かといってボケのある画を録りたいので絞り値を上げたくない。そんなときにNDフィルタは必須となる。

NDフィルタが付けっぱなしに出来るのなら良いのだけど、写真を撮るときや室内などの暗い場所で動画を録りたいときには結構付けたり外したりする。

特別な工具や調整のが必要無く、ねじ式でクルクルするだけなのだけど使うときと使わないときの脱着だけでは無く、例えば「ND4付けて見てちょっとアングルを変えたらND8に変えたくなったりする」等、交換の頻度が高いと面倒な事この上ない。そうやって時間をかけていると「もう、動画は良いか…」って萎えてしまうことも。

XUMEはそういったレンズフィルタの交換を超簡単にしてくれる。

XUMEとは

サイトにある様にレンズとレンズフィルタにマグネット式のリングを取り付けておくことで脱着が簡単になる。「マグネットベース」をレンズにつけて「フィルターフレーム」をレンズフィルタに取り付けておき、磁石の力で互いをくっつける感じ。


XUME マグネットベース 77 mm | MFXLA77

マグネットベースはレンズ毎に1つずつで良く、取り付けるレンズフィルタ毎にフィルターフレームを付けておく。


XUME マグネットフィルターフレーム 77 mm | MFXFH77

こんな単純なことだけど、違う濃さ/暗さ(明るさ)のNDに交換したり、プロテクタフィルタへの光の反射を避けるために取り外したりがとっても簡単になる。

左からレンズ、マグネットベース、フィルターフレーム、プロテクトフィルタ

左からレンズ、マグネットベース、フィルターフレーム、プロテクトフィルタ

もちろん、このマグネットベースも取り外せるので全てのレンズフィルタにフィルターフレームを取り付けなくても良い(マグネットベースをレンズから外して各種フィルタをレンズに直接ねじ込みながらはめる)。でも、個人的には全てのレンズフィルタに取り付けておかないと、この便利さの恩恵を最大限に受けられない気がする。

XUMEの良い所

とにかく交換、取り外しが簡単。ネジ式でクルクルするのに戻れない。

同じ径のレンズフィルタを別のレンズで使い回すときも脱着が簡単なので「あー、NDフィルタはさっきの85mmレンズに付けっぱなしだった!25mmレンズで使いたいのに!!」とかが無くなる。慣れてないときは特にそういったストレスで萎えてしまうので助かる。

また、プロテクタフィルタに逆光が影響しているときも、前なら「まぁ、仕方無いか」とプロテクタフィルタを外すのが億劫になって撮影、帰宅後写真を見てガッカリってことも無くなる。精神衛生上とっても望ましい。

XUMEに改良して欲しい所

バリアブルNDやPLフィルタを使用している際にフィルタ側を回転させて調節するのだけど、マグネットの接合部分が回転してしまう事がある。これはマグネット部分に凹凸を付けることで回転しにくくなるんじゃ無いか、と。ただ、これは後述するレンズフィルタの厚みの課題と相反する解決方法になりそう。

二つ目はレンズ前面と取り付けるレンズフィルタ面の距離が長くなってしまい、レンズや取り付けているフィルタによってはケラレを発生させることになる。

レンズそのものからプロテクタフィルタまでの厚みがケラレの原因になることも

レンズそのものからプロテクタフィルタまでの厚みがケラレの原因になることも

PLやNDに付け替えたときは仕方無いとして、レンズに取り付ける頻度の高いプロテクタフィルタにはイージーカバー レンズリムの〝レンズバンパー〟を取り付けておきたかったのだけど、一部のレンズでレンズバンパーがケラレを起こすのでレンズバンパーの使用は諦めてレンズリング(鏡筒に取り付けるラバープロテクタ)のみの使用するようになった。


イージーカバー,レンズリム | ジャパンホビーツール カメラ用品館

なので、XUMEを使う限り、今度からはイージーカバーのレンズリングだけを買えば良くなるため安く上がってこれはこれで良い。


イージーカバー,レンズリング | ジャパンホビーツール カメラ用品館
レンズにはレンズリング、XUME、プロテクタフィルタが装着されている

レンズにはレンズリング、XUME、プロテクタフィルタが装着されている

最後にマグネット式なので知らない間にレンズフィルタが落下してしまうのでは無いか?と心配になったけど自分の使用の範囲ではそれは起きてない。

もしかしたらレンズバンパーを取り付けて使用していたらマグネットの先が重くなるので落下していたかも知れない。レンズフィルタだけならそんなに重いものではないし、レンズの周り一週ぐるっとマグネットで接しているので思った以上に落下の心配は少ない。


〝一眼動画を録るなら可変NDフィルタは必須〟とは良く聞くけど、一台のカメラで写真を撮ったり動画を録ったりしたいライトな層にはこのXUMEは必須になると思う。個人的にこの製品がマンフロット(Vitec)で扱うようになってなければ出会うこともなかったし、今自分は動画撮影を楽しめてなかったと思う。そのくらい影響力が大きな商品。

シェアする

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください