[カギ] “Eye-Fi Pro X2 16GB Class10″発売記念ブロガーイベントに参加した

カンパーイ!前のZivさん

11月14日に発売された“Eye-Fi Pro X2 16GB Class10″のブロガーイベントに招待されたので参加した。いつものように面白いイベントだった。


“Eye-Fi Pro X2 16GB Class10″発売記念ブロガーイベントを(2012年11月14日)開催します。 << 最新情報 << Eye-Fi Japan

アイファイジャパン田中代表とEye-Fi, Inc.創業者のビジネス開発・販売統括のGillatさん(Zivさん)、そしてブログ「みたいもん!」管理人いしたにまさきさん、ゲストにアイドル社員「種ちゃん」こと宮元詩乃さんの参加で開催された。

Executives and Founders | Eye-Fi
※Zivさんと田中さんについて(本国ページから)

[mi]みたいもん!
※いしたにさんが管理人をするブログ「みたいもん!」


宮元 詩乃
※種さんのFacebookページ

イベントは内容盛りだくさんでテンポ良く進行

開場は種さんの働く株式会社ルクレ内カフェスペース(アイファイジャパン株式会社もココらしい)

開場は種さんの働く株式会社ルクレ内カフェスペース(アイファイジャパン株式会社もココらしい)

開場から開始までの間に参加者へ新しいEye-Fi Pro X2 16GB Class10が一枚ずつ配られ、セットアップが促された(もちろん、イベント後にそのEye-Fiをお土産にいただきました。嬉しいっ!)。

事前に設定用PCを持ってくるよう連絡があった

事前に設定用PCを持ってくるよう連絡があった

"Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ"のブロガーイベントの時にカッターをノベルティにする提案があったが、今回は開場に準備されてた

“Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ”のブロガーイベントの時にカッターをノベルティにする提案があったが、今回は開場に準備されてた

素敵なカフェで用意されたドリンクをいただきながら準備を進める

素敵なカフェで用意されたドリンクをいただきながら準備を進める

みんなEye-Fiのセットアップをしながら開始を待ってる

みんなEye-Fiのセットアップをしながら開始を待ってる

イベントの正式タイトルが『アイドル社員「種ちゃん」を撮影しよう会』だったことをここで知った(手前は見返りいしたにさん)

イベントの正式タイトルが『アイドル社員「種ちゃん」を撮影しよう会』だったことをここで知った(手前は見返りいしたにさん)

Zivさん、田中さんによる挨拶と、Eye-Fi, Inc.及びアイファイジャパン株式会社の創業時の簡単なエピソードを伺う。

田中さんがプレゼントのユニークな箱のプレゼントを持ち込んで「一緒にやりたい!」と申し出た時の話。Eye-Fi, Inc.以前に何社もスタートアップを経験してきたZivさんは既に何社からオファーがあったにも関わらず田中さんを選んだ。やっぱり情熱を持って取り組む提案をしてくる姿勢が新しい事業には必要、との事。

イベント開始前に展示されてたEye-Fiを見ることができた

最初の2GBのEye-FIカード

最初の2GBのEye-FIカード

4GBのモノは2008年発売!

4GBのモノは2008年発売!

Zivさん音頭の乾杯の後、軽く食事をいただく

カンパーイ!前のZivさん

カンパーイ!前のZivさん

会場に用意されたピザ

会場に用意されたピザ

お寿司もあって腹ごしらえがシッカリできた

お寿司もあって腹ごしらえがシッカリできた

食事の後はZivさんのプレゼン

最初は初期のSDカードの回路図を前面のディスプレイに写し出し、プロトタイプを作った時のエピソードを伺う。プロトタイプは製作に1,000ドル/枚かかり、最も高額なSDカードとなっていたとか。

また、電波の飛距離を10倍にするためにアンテナを2.0mm削ることが有効とわかったのがベータユーザ用に出荷する直前。既に千個単位のベータカードを作っていたため、皆でせっせと買ってきたドリルで削ったこともあったらしい。

SD企画を無視して作っていたため、Class表記が無かった。いくつかと聞かれたらClass0(ゼロ)と答えざるを得ないスピードだった(1.5~2.0MBps程度の速度)。遅い理由は単純に有りモノのパーツを使っていたためであり「Eye-Fiカードの為のチップを」という思いでX2が作られた。

その後は市場にあるチップやパーツに依存すること無く新しい技術を取り込むことが出来るようになり、現在では書き込み約23.0MBps、転送約13.0MBpsの速度が出るようになった(※Class10は16MBpsで良いのでClass10の中でもEye-Fi Pro X2 16GB Class10は早い方なのだそうだ)。

スピードデモ: 「Eye-Fi Pro X2 8GB (Class6)」(12MBps) vs 「Eye-Fi Pro X2 16GB Class10」(24MBps)

連写する事でカメラ自体のバッファーを使い切っておいて、カメラの電源を切り、書き込みライトが消えるまでの時間を計る。

デモでは前者は23秒かかり、後者は18秒。

後者の方がバッファーがいっぱいでもシャッターが切れる間隔が短いため、次の撮影にすぐ移れる。

 iPhoneのストップウォッチを見ながら書き込みのライトが消えるまでの時間を計る

iPhoneのストップウォッチを見ながら書き込みのライトが消えるまでの時間を計る

Zivさんの顔がエンジニアの顔になってた気がする

Zivさんの顔がエンジニアの顔になってた気がする

Zivさんの撮影時のEye-FiのTIPS紹介

カメラマンでもあるZivさんはもちろん撮影時にEye-Fiを使う

プライベートでもカメラにEye-Fiを入れているが、主にjpgの最高品質で記録。ダイレクトモードでiPhoneに取り込んでLTE回線でSNSやメールでみんなと共有する。即時ネット上に共有できる点を重視されるそう(Eye-Fi, Inc.創業時には一人だったお子さんが今では二人になってる、という話をここで聞いて和んだ)。

仕事でモデルを撮る時はちょっと違う。

軽いjpgをEye-Fiに、rawをCFカードに同時記録する。jpgはそのままiPadに転送され、髪やスタイリングを確認する。もちろん、モデルに仕上がり予定を見せて自分がどう撮られているのかを共有するのにも役に立つ。jpgの品質を低くしているのは転送される速度を稼ぐため。実際に使う画はrawから現像するから、という最もな考え方。コレ、実践したい。

次にアプリケーションの紹介

 残念ながらiOSのアプリだったので試せてないけれど、Zivさんがオススメしていたアプリケーションを紹介。どれもEye-Fi, Inc.とは全く関係ないけどEye-Fiを用いたカメラライフをもっと豊かにするアプリ。

ShutterSnitch


ShutterSnitch
※Eye-Fiアプリと同じように転送機能だけじゃ無くてフォルダ分けなどの+αの機能がある。

Photosmith


Photosmith – your photography workflow, mobile | Latest news, challenges, and progress from the developers.
※jpgだけをiPadに取り込み、このアプリで整理しておくと家の母艦のLightroomでrawを取り込み&同期するだけでjpgで操作したグルーピングやレート付けなどが自動的に反映される。移動時間に整理を進めておけば帰宅後に行うのは現像と調整のみになる、という優れもの。

うーん、nexs 7で良かったと思っていたけど、Retina iPadにも興味がわいてくる。WindowsなLightroomでも同期してくれるんだろうか。

Smugmug

デモの中で出てきた動画共有サイトはSmugmug(限定公開とかでFlickrよりも優位とか)。


Photo Sharing. Your Photos Look Better Here. | SmugMug

Zenfolio

「自分のポートフォリオを人に見せるのには良いよ!」って言っていたのはZenfolio(ポートフォリオをカスタマイズできるとか)。


Zenfolio – Professional photo and video hosting for photographers and enthusiasts.

この辺りは実際に使ってみてから書きたい。ちなみに日本語版Eye-Fiセンターからは上記サイトはデフォルトで表示されていないけど「全てのサイト」にすると選択できるようになるとのこと(田中さん)。

 そして種さん撮影会

撮影会はコンテスト

ルールは簡単。お色直しを挟んで衣装は2種類。OL風とチアリーダー。各衣裳とも、それぞれ15分限定なので人気が高い衣装を選ぶと人数割りした分、自分の持ち時間が少なくなる。例えば、片方に15名の参加者全員が固まれば1分/人しか持ち時間がない。いしたにさん曰く「衣装を取るか、持ち時間をとるか。短いほうが集中して良いかもしれないし、しっかり時間が取れた方がたくさんシャッターチャンスがある。うっかり10分もらって困るということもあるかもしれないので”微妙な空気の読みあい”で」。

撮影後はFacebook上のイベントページに各人がEye-Fiでスマートフォンやタブレットで転送してアップ投稿。Zivさん、いしたにさん、種さんでそれぞれの一番を決める、というもの。

まずは種さんへのインタビューで「最近撮られた上からの写真が気に入っている」という情報を仕入れる。その上でおっさんやお兄さん寄りのおっさんがグループを作る。日本人らしく半分ずつになるも(持ち時間は2分ちょっと/人)、人気が低いと思われたOL衣装にフェチ的な要素を求めていた参加者を見かけたのは内緒。

最初にZivさんがお手本の写真を撮り始める。しっかりとした照明でISOを低く、SSを上げても問題ない環境が整う。 Zivさんは50mm位の単焦点でガシガシ連射してた。基本は眼にフォーカスを当てる、ということらしい。撮ったらiPadに転送して確認をさせてた。

Zivさんはフィルムの時はCANONだったけど今はNIKONって言ってた

Zivさんはフィルムの時はCANONだったけど今はNIKONって言ってた

照明を二つ用意し、光をクロスさせることで真ん中に立つと後ろの影がなくなる。カメラを抱えた参加者は相手が種さんだろうとなんだろうと構わない。「すげぇ、影消えた!」言いながら勝手にガシガシ撮ってて面白かった。

そういえばブロガー本の発売時のイベントでお世話になった記男さん

そういえばブロガー本の発売時のイベントでお世話になった記男さん

エアロプレイン – 雑学ブログメディア
Twitterページ

そういえば2日前のScanSnapカンファレンスでお見かけした"かも"なタムカイさん

そういえば2日前のScanSnapカンファレンスでお見かけした”かも”なタムカイさん

切り抜きジャック
Twitterページ

 ポーズを決めている人を撮るのは初めてなので緊張する。それでも照明環境が整っているので自分の番じゃなくても外からガシガシ撮ってる。

 いしたにさんと密会談するZivさん

いしたにさんと密会談するZivさん

外野からもガシガシ撮る、撮る

外野からもガシガシ撮る、撮る

司会者の方はきちんと持ち時間を図りながら

司会者の方はきちんと持ち時間を図りながら

OL風衣装のグループが終わると衣装チェンジのために種さんは退場。その間に”Eye-Fi Pro X2 16GB Class10″発売記念ケーキがふるまわれた。

ケーキは2タイプ

ケーキは2タイプ

こっちの方(奥)は大人味だった←両方食べた

こっちの方(奥)は大人味だった←両方食べた

Zivさんもケーキを撮りまくってた

Zivさんもケーキを撮りまくってた

カット後、皆にふるまわれたケーキ

カット後、皆にふるまわれたケーキ

チアリーダーの格好で再登場する種さん。そして、最初はお決まりのZivさん撮影タイム。超笑顔だった。

超笑顔なZivさん

超笑顔なZivさん

撮影途中に参加者と気軽にお話をされていた(Eye-Fi本を手にしてるZivさん)

撮影途中に参加者と気軽にお話をされていた(Eye-Fi本を手にしてるZivさん)

自分もイベント開始前にα99を見せてお話を少ししたけど、とっても気さくな方。NIKONのフォーカスポイントが狭いんだよ(大丈夫α99も上下には狭いよ)とか、色味の調整がスマートじゃないんだよとか悩んでるようだったのでα99を試してもらった。結構気に入ってた。「これなら慣れられるな」言ってたので帰る前に秋葉原でも散策した際には購入していったのかも。

一通り両チームの撮影時間が終了して審査員の三方が別部屋で写真の選考会議。その間に他の参加者とお話しすることができた。

動画を録ってる人の動きに興味津々だった…

動画を録ってる人の動きに興味津々だった…

審議の結果を映し出す準備を進めるいしたにさんとZivさん

審議の結果を映し出す準備を進めるいしたにさんとZivさん

結果発表

種さん賞をいただいた記男さん

種さん賞をいただいた記男さん

いしたにさん賞をもらったヤガー(yager)さん

いしたにさん賞をもらったヤガー(yager)さん

[C!] Creazy! (クリエイジー)
Twitterページ

Zivさん賞を勝ち取ったタムカイさん

Zivさん賞を勝ち取ったタムカイさん

イケメンぞろいである。やっぱりいい写真=イケメンらしい。

とか発表している間もZivさんは写真を撮る、撮る

とか発表している間もZivさんは写真を撮る、撮る

記男さんは種ちゃんプレゼントとして種さん出身の種子島満載のプレゼントを、ヤガーさんはいしたにさんから”何らかの”バッグ(撮れない、立たない、何かかも)を、タムカイさんはEye-Fi、 Inc.のシャツをゲットしてた。

Zivさんに「(タムカイさんがEye-Fi, Inc.に)雇われたの?」って聞いたら「そうだよ!」言うてたからタムカイさんにはぜひ本社に足を運んでもらいたい。

公式の横から集合写真を撮った

公式の横から集合写真を撮った


「Eye-Fi Pro X2 16GB Class10」発売記念ブロガーイベント
※当日のイベントページ(Facebook)

「Eye-Fi Pro X2 16GB Class10」発売記念ブロガーイベント
※みんなの写真一覧

折角の撮影をメインとしたイベントなのにライティングされている場所とされていない場所での設定の切り替えが上手く出来ず。ボロボロの写真を量産して心が折れそうだったけど、Eye-Fiのイベントはいつも楽しいのでまた今度も参加したい。

イベントでいただいたもの

イベントでいただいたもの

“Eye-Fi Pro X2 16GB Class10″発売記念ブロガーイベント << 最新情報 << Eye-Fi Japan
※公式でレポートが挙がっていたので掲載

 

“Eye-Fi Pro X2 16GB Class10″発売記念ブロガーイベントに参加頂いた皆様の、イベントレポート一覧   << 最新情報 << Eye-Fi Japan
※公式で参加者のブログがまとめられていたので掲載

シェアする

コメント

コメントを残す

*