[カギ] Windows 8 タッチ&トライパーティでWindows 8搭載PCを触ってきた

20名程度のブロガー参加によるイベント

Windows 8(OS)、Officeのブロガーイベントに続いて今回はWindows 8に最適化されたデバイスに触れることの出来るイベントに参加してきた。


Windows 8 PC、タブレット PC、ノート PC – Microsoft Windows

Windows 8のブロガーイベントで紹介のあったとおりパフォーマンスの向上がその新しいポイントであることはもちろんだけど、ハードウェア的に大きく変わったのはタッチ操作への対応。これまでもタッチパネルに対応(Windows 7のTablet PCへの対応含む)はしていたものの、それに最適化した機能がWindows 8では多く盛り込まれた。

[カギ] 日本マイクロソフトブロガーイベント(Windows 8の魅力を紹介)に参加してきたカギログ | カギログ

前回のブロガーイベントでWindows 8のアップグレードCDをいただき、自宅のデスクトップに入れたり、もう一つライセンスをオンラインで購入してVAIO Pに入れてみた。OSのパフォーマンス向上やスタートアップ画面の使い方は体験できたが、タッチディスプレイでの操作は体験できていない。今回はそのタッチ操作のできるPCを触り放題のイベントなのでそれを中心にWindows 8を楽しんできた。

イベント概要

パーティー会場は日本マイクロソフト本社。

日本マイクロソフト本社30階のショールームスペースで開催

日本マイクロソフト本社30階のショールームスペースで開催

  1. Windows 8のおさらい(日本マイクロソフト 森さん)
  2. 参加者によるライトニングトーク(LT)
  3. タッチ&トライパーティ

最初のプレゼンテーション、ライトニングトークはショールームスペースの一角に用意されている可動式カーテンで区切られたセミナールームにて行われた。

20名程度のブロガー参加によるイベント

20名程度のブロガー参加によるイベント

アジャイルメディア・ネットワーク徳力さんの司会でスマートに進行。自分的に日本マイクロソフトでのブロガーイベント3部作になっていただけでWindows 8(OS)のブロガーイベントに出席されていない方もいらっしゃったのでおさらいから始まったけど、メインは実際のWindows 8利用ユーザーのライトニングトークとその後のパーティ形式のタッチ&トライ。

安定のアジャイルメディア・ネットワーク徳力さんの司会進行

安定のアジャイルメディア・ネットワーク徳力さんの司会進行

Windows 8のおさらい

日本マイクロソフトの森さんからWindows 8の主な特徴について、Windows 8でどの様にデバイスが変わるのか、今後どの様なものが期待されるのか?についてプレゼンテーション。

日本マイクロソフトの森さんのプレゼンは歯に衣を着せぬ説明で気持ちよい

日本マイクロソフトの森さんのプレゼンは歯に衣を着せぬ説明で気持ちよい

短い時間だったため新しいOSの特徴をポイントを絞って説明された。

Windows 8に乗り換える主なメリット

Windows 8に乗り換える主なメリット

新しいOSに変わって互換性が損なわれないように注力されていることはきちんと説明された。また、タッチ操作によるユーザーインターフェースの変化は印象的であり、ハードウェア面での大きな特徴ではあるが、アプリケーションの見た目が”全然違うもの”になったわけではない。また、ユーザーがものを創るとき、くつろいで何かを閲覧するときにそれぞれに最適なソリューションとして操作環境を実現するのがWindows 8である、というのが主なメッセージ。

Windows 8の新しい機能をざっくり1分でまとめたVTRの上映

Windows 8の新しい機能をざっくり1分でまとめたVTRの上映

PCとタブレットにおいてメインとなる操作方法の違いがある。マルチタッチによる複数人で画面を操作するなどの新しい”使われ方”が今回のOSによって現れてきた。また、タッチ操作によりマウスとキーボードの必要無く操作できる事からキッチンやリビングなどでの使用が容易になり、新しい”使われる場所”が増えると考えられている。

新しいカタチで新しい使われ方をイメージした各社の製品

新しいカタチで新しい使われ方をイメージした各社の製品

参加者によるライトニングトーク(LT)

3名がざっくり5分の持ち時間でライトニングトーク。もちろん、Windows 8や同OS搭載の新しい端末を使用していたり、開発をしている立場からのお話。

Windows 8とWindows Phoneの素敵な関係

 伊藤浩一のWindows Phone応援団の伊藤浩一さんによるライトニングトーク。

伊藤浩一のWindows Phone応援団の伊藤さん

伊藤浩一のWindows Phone応援団の伊藤さん

先に発売されたスマートフォン向けOSのWindows PhoneとWindows 8に共通項が多いことから「Windows 8はWindows Phoneから始まったのではないか?」と考えている。

スタート画面のモダンUI、ピープルハブ(osレベルで情報が全てPushされてくるWindows Phone、人を探してからサービスにつながるWindows 8)、クラウドとの連携(コンテンツを主軸に考えることが出来、そのコンテンツがローカルにあるのか、クラウドにあるのかを意識しないで使える)、ストア、など。

  • Windows 8と共通項が多いため、Window 8ユーザーにはWindows Phoneは使いやすいに違いない!
  • Peopleハブやスカイドライブなど、同じデータにアクセスするため、併用すると使いやすいに違いない!
  • さらに、ExchangeやOffice365といった法人向けサービスを使っているユーザーはWindows 8と併用するともっと使いやすいに違いない!

しかしながら現在はauから出ている一機種しか日本では展開されておらず「Windows Phoneを活用を考えている人には是非、Windows Phone ソーシャル&クラウド究極活用ブックを読んで欲しい」という告知のライトニングトークだったりもしたり、しなかったり。


Windows Phone ソーシャル&クラウド究極活用ブック【完全版】|Reader™ Store|ソニー

外では言えない話にニヤリとする参加者(写真は伊藤潔人さん)

外では言えない話にニヤリとする参加者(写真は伊藤潔人さん)

Windows 8のスタート画面について

 悩み多き文教市場のインフラ屋さんのTomoさんは開発者目線のライトニングトーク。企業や文教系にWindows 8の導入を検討する際、話題に多く上がるのが「スタート画面をどうするか?」。Windows 8のコンセプトを知ることで、その要望への応え方が定まっていったらしい。

悩み多き文教市場のインフラ屋さんのTomoさん

悩み多き文教市場のインフラ屋さんのTomoさん

やはり、これまでのWindows 7までにあったデスクトップ画面が見慣れているために起動したときにはデスクトップ画面を出して欲しいとの要望がクライアントから挙がる。しかしながらWindows 7まででも結局スタートボタンでアプリケーションや設定一覧を開き、目的の画面を開くのだからカスタマイズするなどで活用してはどうか?とお話ししている。

スタート画面の操作についてはマウスやキーボードで操作するのももちろんだが、Windows 8に対応している専用デバイスを使うとタッチ操作でスタート画面を操作できるのでより使いやすい環境をユーザーに提供できるようになる。

Tomoさんが試用しているLogicool Wireless Rechargeable Touchpad t650

Tomoさんが試用しているLogicool Wireless Rechargeable Touchpad t650


Logicool® Wireless Rechargeable Touchpad T650

その後はスタート画面、デスクトップ画面の設定を保存しているプロファイルについて、という急にマニアックなお話になった。とても興味があるのでこの辺りについて詳しく書いてあるTomoさんのサイトをWindows 8を使いながら参照したい。

悩み多き文教市場のインフラ屋さん

インフラ屋さんがガッツリ食いつくネタもだけど、一般ユーザーにも興味深いネタとしてBingデスクトップをインストールしてしまうとスタート画面を飛ばしていきなりデスクトップ画面に行くことが出来る、を紹介されていた。

マニアックな内容に聞き入る伊藤浩一さん

マニアックな内容に聞き入る伊藤浩一さん

Windowsでタッチ操作する…?

Office系、Windows系のTIPSを配信されている「インストラクターのネタ帳」の伊藤潔人さんのライトニングトーク

インストラクターのネタ帳の伊藤潔人さん

インストラクターのネタ帳の伊藤潔人さん

要はタブレットとPCの違いが閲覧と情報を創るという活動の違い。閲覧目的ではタッチ操作はするが、情報を創るという作業の際にタッチ操作が使われるか?に着目された。

メニューの出方が練られているアプリを使用する場合はタッチ操作の方が速い場合があるので新しくPCの購入を考えている人にとってはWindows 8が良いのではないか、また、Office以外はあまり考えていない人にとってはRT版の購入が良いのではないか?

伊藤潔人さんはWindows 8搭載のLet'snoteを使用されている

伊藤潔人さんはWindows 8搭載のLet’snoteを使用されている

「次期Officeではタッチの方が便利なコマンドさえも!」

「次期Officeではタッチの方が便利なコマンドさえも!」

 タッチ&トライパーティ

各社のwindows 8搭載PCを別のスペースに用意していただき、食事をしながら、ブロガー同士、日本マイクロソフトの社員の方と話しながらタッチ&トライをパーティ形式で行った。

日本マイクロソフトの方は4名参加されているけど、Windows 8については森さんともう一人の女性にだけ(と言いつつも複雑にサービスや開発の工程、ユーザーやPC製造メーカーとの関わりが話のポイントになるので色んな方からお話しを伺うことが出来た)。

Windows 8の基本的な使い方も教えてくださった

Windows 8の基本的な使い方も教えてくださった

各社の端末を試せるチャンス

各社の端末を試せるチャンス

1台以外はすべてタッチ操作可能な端末

1台以外はすべてタッチ操作可能な端末

Windows 8ケーキ登場

今回のイベントはパーティということで用意されたケーキが超Windows 8仕様だった。

モダンUIデザインのケーキ

モダンUIデザインのケーキ

このケーキには参加者も司会進行の徳力さんもくらいついてた

このケーキには参加者も司会進行の徳力さんもくらいついてた

森さんによる各端末の一言紹介

ケーキがカットされている間に今回用意された端末の紹介をいただいた。

それぞれの特徴を説明される日本マイクロソフトの森さん

それぞれの特徴を説明される日本マイクロソフトの森さん

写真の端末はマルチタッチ対応、バッテリ内蔵の一体型デスクトップ「VAIO Tap 20」。


VAIO Tap 20 | “VAIO” | ソニー

ディスプレイがタッチ操作ができない端末の紹介

ディスプレイがタッチ操作ができない端末の紹介

写真の端末は「VALUESTAR」(W?N?L?スペックを失念)。画面をタッチして操作するのではなくてリモコンの裏側がタッチパッドになっていて操作が可能。TVのように離れたところで操作することをイメージされているのでこの形になったか。


NEC パソコン | 121ware.com > デスクトップPC > VALUESTARシリーズ

着々とカットされていくWindows 8ケーキ

着々とカットされていくWindows 8ケーキ

他のWindows OSと同じく、やはりかなり前から次のWindowsのコンセプトなどをメーカーと共有し、作り上げていく体制で進めらた。「タッチ操作に最適化」という一言に対し日本メーカーはていろいろな端末を提案してきたとのこと。富士通のArrows tabは防水のピュアタブレット、パナソニックLet’snoteはひっくり返して使える形、スライドアクションの東芝dynabook、SONYのVAIO Duoはスライダー型などなど。新しい操作方法の生み出す新しい使われ方がそれぞれのメーカーによって具現化され、さらに新しいサービスに結びつているきっかけになると感じた。

単純にタッチパネルをディスプレイに盛り込んだり、タブレット状に変形できるだけではない。例えばある一定の角度を超えるとLet’snoteはキーボード操作が無効になる制御がされ、タブレットを持つ指で誤操作が起きない工夫がされている。


レッツノートAX (CF-AX2) | パソコン(個人向け) | Panasonic

VALUESTARのリモコン裏のタッチパッドはアーチ状になっていて誤タッチを防いでいる。こういったちょっとした気遣いがないとユーザーには嬉しい。

この他にも縦画面で表示するときの注意や起動アプリ一覧の表示方法や画面分割方法などのタッチ操作のTIPSを実際に操作しながら教えていただいた。

アプリの切り替え – Microsoft Windows

アプリをスナップする: 2 つのアプリを同時に使用 – Microsoft Windows

過去に発売されたタッチパネルを搭載したPCでも最新の端末のように操作できるが、ディスプレイ部分の端の認識品質が今ほど高くないためチャームやアプリケーションの切り替えなどのタッチ操作が難しいモノがあるらしい。もちろん過去の端末にWindows 8を入れることで軽く快適なOS環境を手に入れることは出来るが、この辺りを聞くとOSに最適化された端末への乗換が新しいOSを活用するには手っ取り早いのかもしれない、と思った。

最後にご挨拶とプレゼントをいただいた。

LTが濃い内容で驚いた、との感想をいただく

LTが濃い内容で驚いた、との感想をいただく

いただいたのはモダンUIのアイコンを模したチョコ菓子と確かマイクロソフトの社員でも自分のPCにWindows 8をインストールしたことをOSの部門に見せに行かないともらえないと聞いたことのある非売品のモダンUIシール。

いただいたお土産のシールとチョコ

いただいたお土産のシールとチョコ

シールをセンス良く端末に貼るとこうなる

シールをセンス良く端末に貼るとこうなる

今回のイベントで実際にWindows 8搭載のPCに触れる事で、やっぱりタッチ操作の便利さを知ることが出来た。今ある端末に入れたWindows 8でお作法的な所や基本機能をおさえておいて、機を見てハードウェアの切り替えも考えてみたい。

Fans:Fans

マイクロソフト「Windows8タッチ&トライパーティー」~Windows8を使い倒そう!~ ブロガーイベントのご参加ありがとうございました|AMNイベントレポート|ブログ|Agile Media Network
イベントのレポートが挙がっているので追記

シェアする

コメントを残す

*