[カギ] 次期Office(2013年発売)無償アップグレードプログラムを使った

「それでは始めましょう。」

無償アップグレード対象のOffice 2010を買っていたのでそのアップグレードプログラムを使って次期Office(2013年発売)を手に入れた。


次期 Office 無償アップグレードプログラム|今すぐ新しい Office をダウンロードしましょう
※2013年6月1日以降はページがなくなるはず

今回のバージョンからOfficeのアップグレード版はProfessionalのみ。Home and Businessを使っている自分には価格的な利点がない。

しかし、2/6までにOffice 2010の”次期Officeアップグレード優待付き”を購入しアクティベートしておけば、次期Office(2013年発売)に無償でアップグレードできる。しかもOffice 2010は価格がこなれているので次期Officeをそのまま買うよりは安い。

実際、自分はOffice 2010 Home and Business版を25,997円で購入し、無償アップグレードを使ったので6,000円くらい安く次期Officeを手に入れたことになるみたい。タイミングや購入店を選べば19,000円で販売しているところもあった(納期が2/7以降だったので購入は取りやめたが、1日でも早く注文していればもっと低価格で手に入れられた様子)

今回の次期Officeはメディアがついていないものが通常らしく、ダウンロードしてインストールするのが基本みたい。また、アップグレード優待付きのOffice 2010がインストールされていなくても単体でインストールできるらしい。そうなるとデメリットがあまり感じられないので、ちょっとの価格差だったけど無償アップグレード権目的でOffice 2010を購入する今回の方法を選択した。

次期Office無償アップグレードプログラムについて

購入したOffice 2010は無事2/5に到着したのでアクティベート(インストールしてプロダクトキーを登録しておく)は完了していた。その後、無償アップグレードについて説明していたページでMicrosoft アカウント (旧 Windows Live ID)の登録をしていたのでアナウンスのメールが届くのかと思ったらそんなものは来てなかった。自分でアクティベート済みプロダクトキーを入力して次期Officeを入手する流れだったらしい。


次期 Office 無償アップグレードプログラム|今すぐ新しい Office をダウンロードしましょう
※2013年6月1日以降はページがなくなるはず

プレインストールされているOfficeではなくてパッケージのOfficeからこのプログラムを利用するため「パッケージ製品 新しい Office のダウンロード」ボタンで進む。


次期 Office 無償アップグレードプログラム| パッケージ製品

「”5月31日まで”新しいオフィスをダウンロード」をクリックして進める。

説明にあるように優待アップグレード付きで購入したOffice 2010のプロダクトキーとMicrosoft アカウント (旧 Windows Live ID)が必要になる。

ここでプロダクトキーが必要になる

ここでプロダクトキーが必要になる

自分の情報を入力して送信

自分の情報を入力して送信

優待アップグレード付きかどうか、登録済みかどうかを確認しているらしい

優待アップグレード付きかどうか、登録済みかどうかを確認しているらしい

対象のOfficeを選択(自分はHome and Businessしかないので選択肢は一つ)

対象のOfficeを選択(自分はHome and Businessしかないので選択肢は一つ)

すでにMicrosoftアカウントにログイン済みだったのだけど、言語設定をしていなかったからか追加で確認画面が出てきた。

国名と言語確認画面

国名と言語確認画面

アカウントのセットアップ

アカウントのセットアップ

このままMicrosoftアカウント内でインストールへ進む

このままMicrosoftアカウント内でインストールへ進む

32ビット、64ビットが選べる

32ビット、64ビットが選べる

…と、ここで64ビットを選択して「インストール」ボタンを押したところ、問題が起きた。

以前にインストールしたカスタマープレビュー版をアンインストールしておかなくてはならなかったらしい

「問題が見つかりました。」

「問題が見つかりました。」

カスタマープレビュー版のアンインストール

エラーメッセージには[コントロールパネル]の[プログラムと機能]からアンインストールする旨、あったがブラウザでアンインストールするための修正プログラムに関するページが立ち上がっていたのでダウンロードして実行した。


Microsoft Office 2013 または Office 365 をアンインストールします。

ダウンロードしたプログラムを進めていくだけでアンインストールされた。

修正プログラム

修正プログラム

修正を適用

修正を適用

無事アンインストール完了

無事アンインストール完了

終了後に問題が見つかったけど勝手に解決されてたのでスルーした

終了後に問題が見つかったけど勝手に解決されてたのでスルーした

ダウンロードしたOfficeのセットアップインストーラーを実行

こちらも立ち上げて進めていくだけ。

すでにMicrosoftアカウントにログインしていたので途中でログイン画面も出なかった(ノートPCにインストールする際にはログインが促された)

インストーラーの立ち上がり

インストーラーの立ち上がり

「それでは始めましょう。」

「それでは始めましょう。」

使用許諾契約書への同意

使用許諾契約書への同意

SkyDriveについて

SkyDriveについて

ログインしたIDで設定する背景設定

ログインしたIDで設定する背景設定

説明ムービーを促される

説明ムービーを促される

たまたまか、説明ムービーがダウンロードされずスキップした

たまたまか、説明ムービーがダウンロードされずスキップした

ノートPCにインストールする際にはムービーが表示できないエラーはなかった(結局スキップしてしまったけど)

インストール作業

インストール作業

無事インストール完了

無事インストール完了

今回バージョンでは期間内にインストーラーをダウンロードしておけば次期Office(2013年発売)独自のプロダクトキーが発行されたり、入力することがなくなった。MicrosoftアカウントでインストールされるOfficeのライセンスやインストールされるPCの台数などを監視しているのかな。

これまでそれは結構な手間だったので比較的楽になった。

これまで使っていたOffice 2010(無償アップグレード目的で購入した方ではない方)が完全にフリーになってしまったので使用頻度の低くなったVAIO Pにインストールして使える。ライセンスは増やしても良かったのかも。

カスタマープレビュー版で賢いピボットテーブルやグラフの作成支援が気に入ったエクセルを今度は製品版で使い倒したい。

[カギ] 「次期Officeで変わるライフスタイル」~未来のワークスタイルについて考える~ブロガーイベントで新しいOfficeに触れてきたカギログ | カギログ
次期Office発売前のブロガーイベント

Fans:Fans

シェアする

コメントを残す

*