[カギ] EMOBILE LTE対応スマートフォンSTREAM X (GL07S)タッチ&トライイベントに参加してきた

力を入れたカメラに存在感のあるデザインを施している

EMOBILE LTEに初めて対応したスマートフォン「Huawei製STREAM X (GL07S)」のタッチ&トライイベントが2月27日に開催されたので参加してきた。3月7日のSTREAM X (GL07S)発売に向けてイー・アクセスはLTE対応スマートフォン向け料金サービスも発表している。


【GL07S】 特長 – スマートフォン | イー・モバイル

携帯電話・データ通信サービス「イー・モバイル」を提供するイー・アクセス社は2013年の初め、ソフトバンク社と株式交換をした。ソフトバンク社と一緒になることでどんなサービス・機種を提供していくのか気になるところだったので興味深いイベント。

STREAM X (GL07S)体験イベントはイー・アクセス社オフィスにて開催された

STREAM X (GL07S)体験イベントはイー・アクセス社オフィスにて開催された

イベントは20名程度のブロガーが参加し、LTEサービス紹介、STREAM X (GL07S)端末特徴概要、 料金についての説明から始まった。更にHuawei社担当による機能についての説明後、タッチ&トライの時間が用意されていた。

希望者には別途モニターを募集していたので申し込んだ。当選したら後から気になったいくつかの事について試してみたい。

イー・モバイル社よりLTEサービス紹介、STREAM X (GL07S)端末特徴概要

イー・モバイル社よりLTEサービス紹介、STREAM X (GL07S)端末特徴概要

EMOBILE LTEサービスが提供され始めたのが1年前。途中に株式交換という大きなイベントを挟んで端末の新提供方式(バリュースタイル)が開始され、LTEサービスの強化に向けた新端末提供開始の一環として今回のSTREAM X (GL07S)発売が位置づけられていた。

2012年以降のLTEに注力しているイー・アクセス社トピック

2012年以降のLTEに注力しているイー・アクセス社トピック

今回のSTREAM X (GL07S)がイー・モバイルの初めてのLTE対応スマートフォンらしく、そのための料金メニューも設定されたらしい。新メニューは端末料金込み、2年間契約、5GB制限で3,880円/月。

超低価格のLTE対応スマートフォン向け新料金についての説明

超低価格のLTE対応スマートフォン向け新料金についての説明


料金・プラン | イー・モバイル

その後、機能紹介のVTR上映後、STREAM X (GL07S)の詳細機能について説明があった。

本イベントの進行はAMN社中山さん

本イベントの進行はAMN社中山さん

会場の前と後の両方を使ってプレゼン

会場の前と後の両方を使ってプレゼン

それぞれの端末で動画をおさえるブロガー達

それぞれの端末で動画をおさえるブロガー達

Huawei社端末の製品機能紹介はスピード重視の性能面が中心に

Huawei社端末の製品機能紹介はスピード重視の性能面が中心に

 カメラの機能とディスプレイについては別担当による紹介。利用する側が持つ不満(端末にとっての課題)とその解決法としての機能という目線で説明をされていた。

カメラ好き、音楽好きなご担当によるSTREAM X (GL07S)のカメラ、ディスプレイの説明

カメラ好き、音楽好きなご担当によるSTREAM X (GL07S)のカメラ、ディスプレイの説明

その後、各自1台ずつ貸し出された端末を自由にタッチ&トライした。

思い思いにSTREAM X (GS07S)を触り倒せた

思い思いにSTREAM X (GS07S)を触り倒せた

STREAM X (GL07S)について気になった2点

説明を受けた後、実際にタッチ&トライしてみて気になったのは「カメラ機能」と独自機能の「EMOTION UI」。

タッチセンサーの性能向上により、手袋をしたままでも操作できてしまう「タッチディスプレイ」も注目すべきポイント。更に透過率が向上しているため、明るめに見える。逆に同じ見た目の明るさで設定を一つ落とせるため、バッテリーの持ちにも良い影響を与えているようだ。しかし、センサー感度のチューニングが甘いのか、試作品だからなのか、従来のスタイラス(市販のタッチペン)での動作が微妙。フリックがダブルタップとして受け付けられたりした。また、ディスプレイの綺麗な機種が他社から出ていて自分の知ってる範囲で比べることが難しいので、この「タッチディスプレイ」はこのエントリーから省いた。

全体的に処理が速くストレスなく使うことが出来たので悪い箇所よりも良い箇所の方が目についた。やっぱり処理速度は正義なんだと思う。

STREAM X (GS07S)のカメラ機能

F値2.2のレンズとソニー製「EXMOR RS for mobile」を採用したSTREAM X (GS07S)

F値2.2のレンズとソニー製「EXMOR RS for mobile」を採用したSTREAM X (GS07S)

スマートフォンに限らずカメラ操作を覚えないと始まらないので個人の好みによる部分が大きい。それでもこの機種の操作性とその機能についてはとても好感が持てた。

力を入れたカメラに存在感のあるデザインを施している

力を入れたカメラに存在感のあるデザインを施している

カメラボタンから、アプリタップで、ロック画面から、とカメラの起動をより素早くする方法が用意されている。せっかく綺麗な写真が撮れる携帯でもシャッターチャンスを逃してしまうと台無し。実際に使われるシーンが想定されていると思う。

タップでAFが決まるのは大きな画面では使い勝手が良い。カメラボタンの半押し、全押しが効くのはフォーカスをあわせた後の構図調整がし易いから思った通りの写真が撮りやすくなっている。

STREAM X (GS07S)アプリを立ち上げると出てくるチュートリアル

STREAM X (GS07S)アプリを立ち上げると出てくるチュートリアル

チュートリアル2 パノラマ撮影

チュートリアル2 パノラマ撮影

試し忘れたグループモード

試し忘れたグループモード

グループモードでは似た構図の写真から気に入った表情を持ってこれるらしい。試し忘れた…。

東京タワーを撮影

タッチ&トライでは東京タワーが目の前に見える会議室を真っ暗にした「夜景部屋(通称)」が用意されていた。自分自身が夜景を撮ることになれていないのだけど、窓越しにシャッター押すだけで綺麗に撮ることが出来た。

STREAM X (GL07S)で撮影した夜景

STREAM X (GL07S)で撮影した夜景

これまた使い慣れていないNexus 4で撮影した夜景

これまた使い慣れていないNexus 4で撮影した夜景

持って行ったカメラで撮った夜景

持って行ったカメラで撮った夜景

STREAM X (GS07S)のEMOTION UI

 各社それぞれが持つUIは慣れてみないと何とも言えないけど、この「MOTION UI」はこの機種で気になったところであり、気に入ったところだった。

アプリは全てホーム画面に

これまでのAndroidスマートフォンではホーム画面とドロワーにアプリを配置出来る場所が別れていたそうで、この「EMOTION UI」配下ではアプリを全てホーム画面に置き、統一したらしい。最大9画面まで増やせるホーム画面に単独、フォルダ、どちらでも置くことが出来、最下部にはいくつかのアプリを固定位置で配置出来る。

一番下の5つのアプリはどのホーム画面でもこの位置に固定

一番下の5つのアプリはどのホーム画面でもこの位置に固定

アプリ一覧が無いことに少し躊躇したが、慣れることが出来そうだし、iPhoneも同様のルールらしいのでiOSを扱ったことのある人には難しい作法の変更ではない様子。

ホーム画面からゴミ箱移動でアンインストール

「きちんと考えられてるなぁ」と思ったのがアプリを長押しし、ゴミ箱に移動した時にアプリのアンインストールが出来ること。アプリを全てホーム画面に配置したので必要な変更だが、これによりインストールされたアプリの管理とアプリの見えている場所の管理が一括して出来る。

ドラッグして上部に持って行くことでアンインストールできる

ドラッグして上部に持って行くことでアンインストールできる

ダイアログでアンインストールするか聴かれる

ダイアログでアンインストールするか聴かれる

Notificationに組み込まれたトグルスイッチ

主要な操作がトグルスイッチでできるので「OS標準じゃないと困る」と言うことにはならない。

Notificationのトグルスイッチはスワイプ可能(その1)

Notificationのトグルスイッチはスワイプ可能(その1)

Notificationのトグルスイッチはスワイプ可能(その2)

Notificationのトグルスイッチはスワイプ可能(その2)

再起動が選択できる

電源ボタン長押しで再起動できるのはナイス!

電源ボタン長押しで再起動が選択できる

電源ボタン長押しで再起動が選択できる

操作に引っかかりがなく、これまでと異なった作法(操作)でもスッと入って行けそうなUIや機能を持ったこのSTREAM X (GS07S)はイー・モバイルで検討をしている人がいたらお勧めが出来る端末だと思った。

必要となる料金も手頃だし、2年使っても大丈夫そうな性能を持っていながら、Androidに詳しくないと困るという端末ではないのでデザインさえ気に入れば女性にも勧められる(“STREAM”はSoftbank社向け端末と同様、最新の機能を求める男性がターゲットのブランドだそうです)。

2,350mAhのバッテリーは現在自分が使っているL-03Eの3.600mAhと比べると若干少ないけど1台持ちに切り替えるには十分すぎると思う。最近はモバイルバッテリー運用に切り替えてるからバッテリを取り外せなくても良いかな、と思い始めている。選択枠が増えたのは良いことだし、ここまで触れて、細かな説明を聞けたので今回のタッチ&トライイベントは満足した。

モニターに当選したら細かな使い方を想定したり、1台持ちをイメージしたレビューを書きたい。

Fans:Fans

シェアする

コメントを残す

*