[カギ] デジタルスチルカメラ Cyber-shot “サイバーショット” DSC-RX100のデュアルスロット

バッテリの隣に記録メディアスロット

持ち歩きカメラになっていながらも、できる事が多いためスナップカメラになりきれていないRX100は「デュアルスロット」。SDカードとメモリースティックが使える。


DSC-RX100 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー

「基本はEye-Fiカード(SDカード)で容量が足りなくなったらメモリースティック♪」とか、「jpgはEye-Fi、 rawはメモリースティックだ!」とか、「同時記録とかしてくれたらバックアップになるな」とか、「記録媒体間のコピーとかやってくれたりなんかして」とか言ってたけど結局「SDカードかメモリースティックのどちらか一方しか一度に使用できません。」が答えだった。

バッテリの下側に記録メディアスロット

バッテリの下側に記録メディアスロット

メモリースティックもSDカードも挿入するところは同じ

メモリースティックもSDカードも挿入するところは同じ

曖昧な定義で”デュアルスロット”という言葉を使っていた

 「デュアルスロット」とは二つの種類の記録メディアが入りさえすれば同じスロットで二種類入ろうが、別のスロットが用意されて二種類使えようが「デュアルスロット」は「デュアルスロット」らしい。それぞれの記録メディア別に用意されていれば同時に、若しくは選択して使用できるが、同じスロットに二種類入るタイプの場合は当たり前のように複数を同時に使用できない。

以下はDSC-RX100の「商品の特徴」ページ。

RX100の"デュアルスロット"はどちらか一方のみを挿入可能

RX100の”デュアルスロット”はどちらか一方のみを挿入可能

 次にα900の「商品の特徴」ページ。

α900では両メディアを差し込んでおいて選択が出来る

α900では両メディアを差し込んでおいて選択が出来る

 どちらとも「デュアルスロット」の名前を使用しているが、使う側のとらえ方は全く異なる雰囲気。

「デュアルスロット」という言葉は注意して見ないと。

それにしてもこのカメラ、コンデジよりチョット時間をかけて撮影し、楽しめるからもっともっと持ち歩きたい。

シェアする

コメントを残す

*