[カギ] Google Analyticsのカスタムレポートに説明メモをつけた

ページ内リンクをクリックするだけで共有される

Google Analyticsに限らずアクセスログのどこを見ると良いか、アクセス解析のポイントがわかっていないので自分向けにわかりやすくカスタムレポートをラベリングしてみた。

そもそもアクセス解析なんて何からはじめてよいのかがわからないので見様見真似から。ということでこのページを参考にしたところから始まる。


これだけ見ておけばとりあえず大丈夫!僕が設定しているGoogleAnalyticsのカスタムレポート5つ | 男子ハック

簡単な登録リンクを使用

ページ内にあるリンクをクリックするだけで自分のGoogle Analyticsに登録できる。

ページ内リンクをクリックするだけで共有される

ページ内リンクをクリックするだけで共有される

Google Analyticsへいくのでログインしておくと楽

Google Analyticsへいくのでログインしておくと楽

プルダウンから自分のプロファイルを選択するだけ

プルダウンから自分のプロファイルを選択するだけ

カスタムレポート名だけでは覚えられないのでメモ書きしたい

男子ハックさん紹介のカスタムレポート5つにはわかりやすいタイトルをつけていただいている。例えば、「時間別訪問数」とか「ロングテールキーワード分析」とか「集客分析レポート」とか。

しかしながら、余りにも素人過ぎてタイトルよりもその説明の方がわかりやすい。

「サイトのロングテールキーワードを確認することができます。意外と意識していなかったキーワードが見つかった場合、ブログ記事を見直してみるのに有効。」

とか

「どこからサイトにたどり着いてくれてるのか一目瞭然です。」

ここにある説明文をメモ書きしたいので「+ カテゴリを作成」をメモ代わりに使ってみた。

カテゴリを説明文にしてカスタムレポートを格納する

カテゴリを説明文にしてカスタムレポートを格納する

これでカスタムレポートタイトルごとに何をしたら良いのか、どういった数値が拾えるのか、がわかるようになった。

あとはここを定期的に見て分析し、次の一手につながるように慣れていくだけ。並行してサイトや勉強会でひとつずつ学んでいけばよい結果につながるはず。

シェアする

コメントを残す

*