[カギ] どうしてもハネてしまうドラマーの16ビートドラミング特訓:Ableton Live8を使って

普通に音源ファイルを読み込み

「どうしても(惰性でドラムを叩いていると)ハネてしまう」とか、「この前まで調子良かったのにチョット叩かなかったらジャストの16ビートが(速度的な問題では無くジャストで)刻めなくなっちゃった」って言うドラマー初心者へAbleton Live8を使った簡単矯正TIPS。


Ableton – Live 8

先ずは16ビート矯正用のファイルを読み込む。

普通に音源ファイルを読み込み

普通に音源ファイルを読み込み

通常だとメトロノームを流すと4/4でクリップ音が鳴る

メトロノームをここでonにする

メトロノームをここでonにする

その際に4/4では無く16/16にするとジャストにクリップ音が鳴るのでリズムはヨレようが無いし、勝手にハネてしまうことも無い。

16/16とここに入力するだけ

16/16とここに入力するだけ

1小節を16個のクリップ音で刻んでくれるので後は速度を遅くして練習あるのみ。

シェアする

コメントを残す

*