[カギ] ScanSnap SV600にLOASの机上ラック RK-630SWとWindows8をインストールしたVAIO Pが最強の組み合わせ

机の半分をScanSnap SV600用スペースに確保した

先日のイベントでモニターとしていただいたScanSnap SV600の設置場所と接続環境が出来上がったのでメモ。


ScanSnap SV600 : 富士通

[カギ] PFU社のイベントに参加してScanSnap SV600をいただきました

結論から言うと、使っていないノートPCをScanSnap SV600用操作端末にして、机上ラックで収納した。

机の半分をScanSnap SV600用スペースに確保した

机の半分をScanSnap SV600用スペースに確保した

Windows8をインストールしたVAIO PをScanSnap SV600の専用端末にする


VGN-P92LS | 製品別情報 | サポート | VAIO | ソニー

現行の機種に慣れてしまうと旧世代のAtomと2GBのメモリは何をするにも遅く感じてしまうので用途が無かった。ScanSnap SV600はハード側でスキャン、OCR等をこなす(?)のでScanSnap Organizerが起動し、USB接続されていればマシンスペックはそんなに必要無い。

起動を速くしたかったので安い時に購入しておいたWindows8アップグレード版を入れて利用することにした。

VAIO Pの起動が20秒になった

VAIO Pの起動が20秒になった

“ScanSnap SV600専用”と言いながらドラムの練習の際にAbleton Live8を起動してクリックを流す時にも使うので昔使ってたスピーカーも繋げてる。

操作用の端末をScanSnap SV600の上に設置する

サイズは申し分ないVAIO PなのだけどScanSnap SV600に接続して使う場合に置き場所に困る。手前に置くと背景マットに被るし、横に置くと大きなスペースが必要となる。

「だったら上にしよう」と机上ラックを購入した。


ロアス 机上ラック RK-630SW 通販 | ロアス フエルモール店

ScanSnap SV600の高さは383mm。高さ435mmを確保できるこのラックはジャストサイズだった。横幅も606mmでちょうどScanSnap SV600の背景マットを挟み込むようにセッティングできる。

ScanSnap SV600 : 富士通

これで帰宅したらこのScanSnap SV600の作業スペースにポイッとしてボタンを押せばデータ化される環境が出来上がった。まさに「カンタン・スピーディー・コンパクト」。

折角なのでRealSyncを自動起動させておいてNAS上のフォルダに読み取られたデータをバックアップするようにしておいた。


RealSync

どちらかと言えばNASに保存した方に他の端末からLANやWebAccess経由でアクセスして、VAIO Pにある方がバックアップ。

このNAS上のフォルダにはScanSnap iX500から取り込まれたものもアップされるので全てのデータ化ファイルがここに集まる。

それがまたRealSyncでScanSnap SV600用のVAIO PのSSDに同期される。

Fans:Fans

シェアする

コメントを残す

*