[カギ] Android版ATOKを少しだけ便利に利用するコツ

Android版ATOKの長押しメニュー

Android版のATOKではかなり前のバージョンアップからスワイプ入力時の設定が出来るようになった。「使用するテンキー」でひらがなと英字と数字の切り替えをひらがなと数字だけにすることが出来る。英字はフルキーで入力した方が便利だし、数字キーはテンキー状態の方が入力しやすい。

でも最初は電話番号を入れる時のハイフン(“-“)やアドレスを打つ時のピリオド(“.”)などが必要な場合にフルキーボードにして入力してたのであまりテンキースタイルでの数字入力が出来る事による恩恵が少なかった。

数字テンキーでの”長押し”で出るメニューを知ってからはとても入力がスムーズ。便利なのに結構知らない人が多いことを知ったのでメモ。


スマートフォン向け日本語入力システム ATOK for Android

数字テンキーの長押しメニュー

最下段の左から「*」「0」「#」にそれぞれ長押しメニューが割り振られている。

アスタリスクのところは上から「+」「-」「/」

アスタリスクのところは上から「+」「-」「/」

ゼロのところは上から「(」「=」「,」

ゼロのところは上から「(」「=」「,」

シャープのところは上から「)」「:」「.」

シャープのところは上から「)」「:」「.」

基本の長押しメニュー

たぶん誰もが知っている長押しメニューはこの「パネル切替」と「ATOKメニュー」。ついでに掲載。

パネル切替(フリック入力時)

パネル切替(フリック入力時)

ATOKメニュー(フリック入力時)

ATOKメニュー(フリック入力時)

「パネル切替」は”定型文”や”顔文字”、”記号”でよく使う。

特に”定型文”の中の「インターネット▼」は各種アドレスのアットマーク(@)以降が登録されているので@gmail.comや@docomo.ne.jpとかを活用してる。

おなじく「ATOKメニュー」は”ATOK設定”で設定画面に飛ばしたり、”高さ調整”で普段は消しているキーボードの高さ設定バーを再表示させたりする。

同じくフルキーボードでもこの二つの長押しメニューはある。

パネル切替(フルキーボード時)

パネル切替(フルキーボード時)

ATOKメニュー(フルキーボード時)

ATOKメニュー(フルキーボード時)

シェアする

コメントを残す

*