[カギ] Xperia Z Ultraを一番活かすのは「手帳スタイル」

22日のXperiaアンバサダーミーティングでのタッチ&トライ イベント以降、モニター利用しているXperia Z Ultra。

「Lサイズスマホ」や「ファブレット」と呼ばれる部類の端末を初めて触るのだけど、数日使って思ったのは「Xperia Z Ultraが活きるのは”手帳スタイル”」という事。

早速、その”手帳スタイル”バリバリに変身させるための装備を揃えた。

ペン入力が手帳スタイルの基本

ペン入力が手帳スタイルの基本

極細タッチペンロング P-TPLFシリーズ


極細タッチペン ロングタイプ – P-TPLFシリーズ

「手帳スタイル」の基本はペン入力、ということでスタイラス。

Xperia Z Ultra日本発売の発表の日に、TL上で知人から教えてもらったもの。彼は既に海外版を購入しており、いくつかのスタイラスを持っている中からのセレクト。彼の言葉を信じて入れ知恵そのまま。

これまでNexus 7用にワコムのBamboo Stylus pocketを購入したことがあるけど「指での操作で不都合がない」「先端が大きいので細かな入力が難しい」の二つの理由から全然使えてなかった。スタイラスでの入力も慣れると良い点はあるけど、Nexus 7等のコレまでのタブレットでは自分自身をスタイラスでの入力に慣れさせるほど使う必要性がなかった。


Bamboo Stylus pocket | Wacom

ちなみにXperia Z Ultraの周辺機器を購入しようとしていたのでレジで店員さんから「この商品(エレコム社製のP-TPLF)はXperia Z Ultraでは使用できませんが、よろしいですか?」と確認された。

興味本位でいつも商品の対応機種を確認して質問をしているのか訪ねてみると「スタイラスは方式が色々違うのでその辺をチェックしているんですよ」と教えていただいた。

多分、スタイラスの感圧式と静電式の事だと思うけどよくわかってないので細かくは聞かなかった。当たり前だけど、店員さん凄い。あまり詳しくない自分にはとても助かる。

一応書いておくと、このエレコム社製のP-TPLEはXperia Z Ultra側の反応が良いからか問題なく使えてるし、後述する保護シート越しでもスムーズに入力ができている。

PA-SOL24SCBK シリコンケース


au SOL24/SGP412JP用シリコンケース/ブラック – PA-SOL24SCBK

自分は普段使いのスマートフォンやタブレットは重量が上がるのを避けるためにケースを付けずに使ってる。

Xperia Z Ultraはこの「メモ帳スタイル」にすると出し入れの頻度が上がり、表面が傷付いてしまうと思い、装着。

ブックカバータイプも多く出ているけどサイズが増えるし、ディスプレイ側は保護シートがあるのでシリコンケースを選択。

シリコンケースは滑り止めの役割もしてくれるので、この軽い割に大きなディスプレイのXperia Z Ultraにはちょうど良い。

実際、片手で持ったときにスルッと落ちる心配が少なくなった。

ストラップホールや各種スロットへのアクセスが装着したまま可能なので面倒臭く無い。

1点だけ課題があるとすればディスプレイ外からのスワイプで画面キャプチャを撮る事が難しいこと。ケースの凹凸でうまくスワイプが出来そうにない。Volume Downボタン+電源ボタンでも撮れるし、必要があればジャケットをずらして外からスワイプできそう。

ところでスワイプで画面キャプチャってどうやってやるんだっけ?状態。設定を見付けられてない。どこかでそんな記述を見たような気がしたのだけど。

フッ素コートさらさら気泡軽減超防指紋フィルム 1枚入[マットタイプ]


フッ素コートさらさら気泡軽減超防指紋フィルム 1枚入[マットタイプ] | 株式会社レイ・アウト

画面が大きいのでしっかりとホールドするため、ディスプレイ面に振れることが多いXperia Z Ultra。なので指紋の付きにくいアンチグレア/マットタイプ。

個人的に写真や動画を見たい時には大きくて綺麗な画面のKindle Fire HDXを使う。Xperia Z Ultraにその辺の役割を持たせないため、ディスプレイ面を傷から守り、指紋汚れが付き難ければ良いのでクリアタイプは選択しなかった。

Kindle Fire HDXを持っていなくて、フォトウォーク時にもXperia Z Ultraを持って行くのなら綺麗なまま画像を見ることが出来るクリアタイプと迷ったかも。

因みに現在メインのスマホにしているNexus 5もアンチグレア/マットタイプ。「基本はアンチグレア/マットタイプだけどKindle Fire HDXだけはクリアタイプにしている」という感じ。

液晶フィルム貼りサービス

今回、この保護シートはヨドバシで買ったので「液晶フィルム貼りサービス」を初めて利用してみた。

このサービスはヨドバシで保護シートを買えば有料で利用可能らしい。更に自分は貯まってばかりのアフターサービスポイントを使えるらしい。

貯まっていくアフターサービスポイント

貯まっていくアフターサービスポイント

Xperia Z Ultraの場合はタブレット扱いで1000円だった。

Xperia Z Ultraの液晶フィルム貼りサービスの料金は1,000円

Xperia Z Ultraの液晶フィルム貼りサービスの料金は1,000円

通常は15分程度の待ち時間だけど当日は依頼数が多かったので30分かかるとの事だった。

その日は30分待ちだった

その日は30分待ちだった

終了予定時間にカウンターに受け取りに行くとまず、出来上がりを確認させてくれる。

その時に聞いた話だと、土日はXperia Z Ultraの発売だったため、100人/日以上が利用したとか。結構みんな賢くこのサービスを使ってるみたい。

その店舗で何人位が保護シート貼り付けの対応が出来るのか聞いてみたところ、PCサポートの担当は全員対応可能との回答。人によって癖や得意/不得意があるけど、確認した時に納得してもらえるだけの、ある一定のレベルは維持できている、とのこと。

実際、お願いした液晶液晶フィルムも綺麗に貼り付けられており、満足のいくレベル。

今後は自宅のお風呂で真っ裸になって頑張らずに、ここでお願いしようと思う。


一通り使ってみての自分の中の印象はこんな感じ。

スマホ: 片手で持って、その指で操作。もう片手では荷物を持ったり、吊革を握ったり。終わったらサッとポッケに閉まっちゃう。必要ならPC開く。

タブレット: 大画面を持ち歩く。両手で持って、または、テーブルに置いて”大きな画面のスマホ”のように指で操作。カフェで一息付く時、電車で座ってる時にカバンからガサゴソ出して使う。

Xperia Z Ultra: 片手でしっかり持てるギリギリの大画面。持ったその手での操作は不向き。もう片方の手にスタイラスを持って細かな操作や指で大きな操作。

一昔前のタブレットからの乗り換えで携帯性を意識したら断然Xperia Z Ultraなんだろうな、と。

出始めのタブレットは携帯性よりも大画面優先だった割には今のXperia Z Ultraと比べて画面解像度が低い。また、Wi-Fi運用が多かったけどこのXperia Z UltraはSIM入りを選択することも出来る。

逆に最近のタブレットを持っている人にはその「スマホよりも大きな携帯機」のバリエーションになる。荷物や目的に合わせて持ち歩くサイズを分ける。もちろん、中にはスマホのリプレースになる人もいそう。

一つですべてを満たすことは難しいけどその選択肢が増えた感じ。それがXperia Z Ultraのパンフレット等に記載のある「絶妙なサイズ」が意味するトコロな気がする。


Xperia™ アンバサダー | Xperia™ Z Ultraサロン | ソニー

シェアする

コメント

コメントを残す

*