[カギ] ニッポンセレクト.comブロガーイベントに参加した

会場は2月5日にオープンしたばかりの「ニッポンセレクト.com」PRセンター

全国商工会連合会による地域産品等をウェブを通じて紹介しているニッポンセレクト.com。同サイトによる「【地域の特産物応援プロジェクト第1弾】地域の特産物を体験しよう!」に招待されたので参加してきた。


NIPPONSELECT.com ニッポンセレクト.com|全国商工会連合公式ショッピングサイト

「全国商工会連合公式ショッピングサイト」とあるように商工会員(地域の事業者)による逸品を紹介しているサイトが「ニッポンセレクト.com」。

そこで取り扱われている逸品を体験できるイベントとなっていた。

会場は2月5日にオープンしたばかりの「ニッポンセレクト.com」PRセンター

会場は2月5日にオープンしたばかりの「ニッポンセレクト.com」PRセンター

イベントはアジャイルメディア・ネットワークCMO徳力さんの司会で進行

イベントはアジャイルメディア・ネットワークCMO徳力さんの司会で進行

全国商工会連合会とは

 そもそも”全国商工会連合会”について聞いた事はあっても、どういった活動をしているのか正しく理解が出来ていない。イベントではその辺りから説明いただけた。

ニッポンセレクト.com運営事務局 花咲さんからの説明

ニッポンセレクト.com運営事務局 花咲さんからの説明

町や村の事業者の集まりである”商工会”。その連合体がこの”全国商工会連合会”となっており、互いの事業の発展のために総合的な活動を行っている。結果、地域を活性化していく事がミッションの団体という事らしい。

商工会とは。

また、よく耳にする”商工会議所”と”商工会”は異なるものだった。

商工会と商工会議所の比較

今回の「ニッポンセレクト.com」というサイトも、その全国商工会連合会が担うミッションの遂行方法の一つとして立ち上げられた。

 ニッポンセレクト.comサイトの特徴(目的)

地域の名産品を掲載して”お取り寄せ”できるため、各都道府県のアンテナショップや総合ECサイトと大きく違いが無いように見えるニッポンセレクト.com。

しかし、サイトの生い立ちや根幹となる考え方の部分が異なるため、アプローチ方法の意味が違ってくる。

ニッポンセレクト.comで取り扱うミネラルウォーター「カムイワッカ麗水」がドリンクとして提供された

ニッポンセレクト.comで取り扱うミネラルウォーター「カムイワッカ麗水」がドリンクとして提供された

売上げアップと知名度アップ

通常、地域の商品を販売しているECサイトは売上げを伸ばしていく事自体が目的となる。極端な話、知名度を上げない事が一時的な商品売上げの拡大につながるのであれば、その戦略も採りうる。

ニッポンセレクト.comはまず、その商品となる地域の”逸品”が広く知れ渡ることを目的としている。知れ渡って多くの人が地域と接する機会が増える、地域が活性化する、という長期的な展開が期待されている。

販売(ECサイト)機能を持つのは、いくつも存在する”多くの人にリーチする方法”の一つでしかない。イベントを開催したり、各地の事業者同士を引き合わせたり、販売(ECサイト)機能以外にも持たせるべき機能は存在する。

もちろん、知ってもらえさえすれば多くの人が欲しいと思うであろう逸品を取り扱うサイトなので提供側、及びその地域の活性化に結びつくところまでを視野に入れている。

 まだ地域に存在するネット活用の壁

自分自身、ネットを介して何でも買えるようになっていると思ってる。しかし、各地域を回ると実はまだ知れ渡っていない隠れた逸品、その地域に行かないと手に入れられない逸品が数多く存在しているとの事。

その商品や商品情報を提供する側もネットを活用できておらず、せっかく存在している”良いもの(逸品)”が世に知られていない。

因島の杜仲茶を題材に取り組みを説明される花咲さん

因島の杜仲茶を題材に取り組みを説明される花咲さん

その壁を打破すべく全国商工会連合会は、ただ販売するだけのECサイトと異なったサポートを打ち出している。

PRのプロがお手伝い

地域に眠っている逸品は得てしてお年寄りや、ネットの活用、及びその影響力をよく知らない人達が作り手になっている事が多い。

ただECサイトを立ち上げ、設定方法の書かれた書類を渡し、「頑張ってください」と言うだけではこういった人達の支援にはならない。

まず、その商品がなぜ逸品なのか、どんな”スゴいところ”があるのか、アピールポイントをうまく外に向けて伝えられなかったり、ネットを介して知ってもらうためにどう見せると良いのかわからない人のためにニッポンセレクト.comはコピーライタ、カメラマン、フードコーディネータをアサインする。発信側の課題解決を目的にした、きめ細やかなサポートの一端だ。

もちろん、コンテンツの品質が向上する事でサイトの訪問者は安心して商品を正しい情報と共に受け取る事が出来る。つまり、サイト全体としての品質が上がり、相乗効果を生み出す。

魅力のある逸品をニッポンセレクト.comとして在庫を持ち、提供する事で提供品質を維持する反面、最低ロットの管理で本当に逸品と呼ばれる商品だけを扱うサイトとして成長していきたい、としている。

将来的にB2Bとしての機能も

現在は地域の逸品の情報取得や購入、というB2Cの側面が強く見えるニッポンセレクト.com。

“逸品を広く知らしめるため”にはB2Bに期待している部分も多い。一人の消費者と接するより多数を相手にするビジネスを持った事業者による接点の拡大はこういった地域にとってとても有意義。今後はニッポンセレクト.comにそういった機能も充実させていきたい、と担当の方は仰っていた。

会場となった「ニッポンセレクト.com」PRセンターもそんなB2Bの商談の場として活用される事を目的の一つとしている。

同PRセンターには商品の陳列の他に商談が出来るコーナーがある

同PRセンターには商品の陳列の他に商談が出来るコーナーがある

このPRセンターはバイヤーが商品を実際に手にする事が出来るという位置付けだが、もちろん、一般消費者が立ち寄り、商品を購入する事が出来る、との事。

ニッポンセレクト.comと連動したPRセンターのため、商品の陳列と共にサイトを確認出来るPCもブースとして用意されていた。

「ニッポンセレクト.com」PRセンターに用意されたPCブース

「ニッポンセレクト.com」PRセンターに用意されたPCブース

ニッポン”セレクト”について

プレゼン後の質疑応答で挙がった”セレクトの意味”について説明があった。

サイトや活動の背景について説明を受けるブロガー

サイトや活動の背景について説明を受けるブロガー

ニッポンセレクト.comが各地域の商品から逸品とよべるものだけを”セレクト”している訳では無い、との事。

あくまでも商工会員にあたる事業者により”セレクト”された掲載商品となる。

ニッポンセレクト.com側としても人気の無い商品が淘汰されて本当の逸品だけが残るサイトになる事を期待している。

実際にサイトの立ち上げと共に募集を書けたところ、300余りの事業者から手が挙がった。各事業者が5-10商品をセレクトしているので今後は千品目単位の商品がサイトに掲載される予定となっている。

今は運営側でのアップ作業が急ピッチで進められている、との事。

始まったばかりで取り組むべき事が多い、と花咲さん

始まったばかりで取り組むべき事が多い、と花咲さん

現時点では他のECサイトでも取り扱われている商品もあるが、今後は事業者と共同開発し”ここにしかない逸品”を提供していきたい、と言う話もあった。

逸品を体験

ブロガーイベント用にいくつかの食材を試食会の形式で振る舞っていただいた。

ここで提供された逸品の内、まだサイトには掲載されていないものも多くあり、先行して堪能する事が出来た。

生人参3本分が1瓶に入った「甘熟にんじん搾り」

生人参3本分が1瓶に入った「甘熟にんじん搾り」

庄内のこだわりお漬け物

庄内のこだわりお漬け物

花咲さんも試食のサーブに大忙し

花咲さんも試食のサーブに大忙し

写真の他に「伊勢の和紅茶 ジンジャーTea」やプレゼンにあった「瀬戸内産 杜仲茶」、3倍に薄めてのむ「飲むフルーツ酢 マンゴ」を飲みながら「若桃のワイン煮」をつまんだり。

ちょうど小腹が空いていたところに3つのカレーと1つのハヤシライスが各テーブルに振る舞われ、食べ比べをしてみたり。

いくつものカレーを少しずつ味見

いくつものカレーを少しずつ味見

甘めのカレーがあったり、お肉の味がしっかり出てるカレーもあったり

甘めのカレーがあったり、お肉の味がしっかり出てるカレーもあったり

ウマそうに食う選手権エントリーの方

ウマそうに食う選手権エントリーの方

何気におつまみとしてもご飯のお供としても活躍した「宮島かきの醤油のり」。広島出身の自分には馴染みのある会社からだったのでロゴが懐かしかったり。

普通に海苔巻きで「うまいうまい」言いつつ食べてる

普通に海苔巻きで「うまいうまい」言いつつ食べてる

普通にのり弁で食事状態のブロガー試食会

普通にのり弁で食事状態のブロガー試食会

今回のブロガーイベントのみならず、特産品の現地レポートや試食品のモニターなどが計画されていると言う事。単なるサイトのPRだけではなく、”地域の特産物応援プロジェクト”として次のアクションが計画されているので期待したい。

AMN徳力さんから今後のイベントについてメンションされた

AMN徳力さんから今後のイベントについてメンションされた


試食会で気になった「いちじくの甘露」を早速注文。

カード決済で夜中に発注して翌々日には到着。通常のお取り寄せサイトと変わらない発送でしっかりとした梱包がされている。ネット通販では当たり前のように感じながらも、前まではその地域に行かないと手に入れられない逸品だった事を考える。

こういった逸品なら大歓迎なので頑張ってドンドン取扱い数を増やしていって欲しい。

また、サイトを眺めて気になったものがあれば、旅行の際にはその地域を目的地にプランを考えるのも良いかも。

逸品を知って、それを楽しんで。こんな簡単な事がその地域の活性化に(間接的であれ)つながっていると考えると少し楽しくなる。

 「とろあまいちじく」は甘すぎずに美味しい!

「とろあまいちじく」は甘すぎずに美味しい!

個人的に”ネットの活用”という言葉には”異文化へのゲートウェイ”も含まれるべきだと思う。例えば、他言語への対応をこのニッポンセレクト.comの役割と捉える、など。

また、食品はそれが美味しい事を知っていないと、なかなか購入しようと思えない。その味を知ってもらえる場を提供する事も必要に思える。

更に、地域に足を運ぶきっかけになる情報のまとめ方が出来れば、個々の事業者では為し得なかったPRの方法につながる。

これから取り組まなくてはならないことがたくさんある、と花咲さんは仰っていた。

ニッポンセレクト.comはその変身/成長を期待しつつ、関わって行きたいと思える。関わって応援する事で地域貢献に繋げる事のできる、興味深いサイトだ。


【地域の特産物応援プロジェクト第1弾】地域の特産物を体験しよう!ニッポンセレクトブロガーイベントを開催しました! | アジャイルメディア・ネットワーク
AMNのブログでイベントが紹介されてました

Fans:Fans

シェアする

コメント

コメントを残す

*