[カギ] Surface Pro 3用にバッファローのUSBメモリ RUF3-PSを購入した

分かり易いばくだん岩とスライムを使用中

発売日に届いたSurface Pro 3には512GBのSSDが内蔵されている。発売されたサンディスクの128GB microSDXCを差し込んで容量的には十分だけど折角ならUSBスロットにもメモリを追加して容量マシマシにしてみた。


新しい 12 インチ Surface Pro 3 を MicrosoftStore.com で – Microsoft Store Japan オンライン ストア

Surface Pro 3についているのは高速なUSB3.0スロット。

写真データはEyefi mobiで直接取り込むし、出先ではオンラインストレージ、自宅ではNASを介してデータのやり取りをするので余りこのUSBスロットを活用できていない。

かといってスロットからピヨーンってスティック状のUSBメモリが飛び出していてもかっこ悪い。いくつか探した中で見付けたのがバッファローのRUF3-PS。


USB3.0対応 マイクロUSBメモリー : RUF3-PSシリーズ | BUFFALO バッファロー

出っ張りを少なくして刺しっぱなしで使用することを目的とした商品は市場にいくつかあったけど、ほとんどが黒かMBPやMBAにあわせたシルバー。

その点、バッファローのRUF3-PSにはレッドが用意されてたので即決。

残念ながら最大容量の64GBはシルバーしかないけどいつも突っ込んでおくのはこのレッドで十分かな、と。

Surface Pro 3に取り付けてみたところ

Surface Pro 3に取り付けてみたところ

とりあえずレッドの32GBはUSB回復ドライブとして作っておいて、キャップ代わりに常備。

それとは別にシルバーの64GB、そしてなぜか二重発注してしまったもう一つのレッド32GBを持ち歩いてみる。

キャップにかわいいドラゴンクエストメモリーキャップコレクション

因みにこのRUF3-PSはPCに接続されたままを想定しているのかキャップとかは付いていない。

パッケージを開けると本体が袋に入っているだけ

パッケージを開けると本体が袋に入っているだけ

このまま持ち歩いても構わないけど少し気を遣う

このまま持ち歩いても構わないけど少し気を遣う

USBのキャップだけをいくつか探したときに見付けたのがこんな感じの汎用USBキャップ。


USBメモリキャップ – CUS-07シリーズ

600円で8個入りなので無くしてしまっても次がある的な安心感があるのだけど面白くなかったので選んだのはドラゴンクエストメモリーキャップコレクション。


スクエニ、「ドラゴンクエストメモリーキャップコレクション」を発売 – GAME Watch

可愛らしい割に場所を取らないのでこのRUF3-SPを持ち歩くには最高のキャップかも。

分かり易いばくだん岩とスライムを使用中

分かり易いばくだん岩とスライムを使用中

難点は製造されていないものらしく入手が困難な事。

シェアする

コメント

コメントを残す

*