[カギ] コクヨから登場した新ガジェットCamiApp S先行体験会に参加した

メモパッドタイプのCamiApp S

コクヨS&T株式会社から発表されたCamiApp Sの先行体験会が8月21日(木)に開催されたので参加してきた。


デジタルノート「CamiApp S」を発売|プレスリリース|コクヨ

CamiApp Sは簡単に言うと「専用のノートに専用のペンで書いた内容をBluetoothでスマフォにデジタルデータとして飛ばしてくれる」デジタル文房具的なアイテム。

この特別なノートが「CamiApp S」でペンは「デジタルノート<CamiApp S>専用ペン」。スマフォ側にインストールして手書きデータを受け取れるようにするアプリが「CamiApp」(Androidで使うには一緒に「CamiApp S 設定」というアプリが必要)。

更に「CamiApp S」はカバー部とノート部に別れ、ノート部は全てのページを書き終えたら新しいノートと入れ替えが出来る。

一般的な見開きノート型の「ノートブック<CamiApp S>」、若しくは1枚ずつめくって使うメモパッド型の「メモパッド<CamiApp S>」の2パターンのノートタイプあり、それぞれのタイプ毎にCamiApp Sカバー部が用意されている。

ノートブックタイプのCamiApp S

ノートブックタイプのCamiApp S

メモパッドタイプのCamiApp S

メモパッドタイプのCamiApp S

購入する時はこのタイプ(「ノートブックタイプ」か「メモパッドタイプ」)と使用するスマフォ(OS)毎に別れているので注意が必要。


商品のラインアップ – CamiApp S <キャミアップ エス> – コクヨS&T
※同梱品はこのページで確認できる

CamiApp Sを買うと(バッテリーなどを含めた)カバー部と「横罫タイプ」のノート、専用ペンが同梱されている。スマフォ用のアプリはGoogle Play、若しくはAppStoreから無料でダウンロード、利用出来る。買ったらすぐ使い始められる。

オプション – CamiApp S <キャミアップ エス> – コクヨS&T
※ノートのタイプ、オプション品はここで確認可能

上記オプションページにあるようにノートブックタイプ、メモパッドタイプ共に3種類のノートが用意されている。 同梱しているものと同じ「横罫タイプ」、「5mm方眼タイプ」、そしてGoogleカレンダーへの保存/連携が可能な「打合せ記録タイプ」がある。

奥から「横罫タイプ」「5mm方眼タイプ」「打合せ記録タイプ」(写真はメモパッドタイプ)

奥から「横罫タイプ」「5mm方眼タイプ」「打合せ記録タイプ」(写真はメモパッドタイプ)

ノートタイプのCamiApp Sはキャンパスノート用のカバー「SYSTEMIC」に見た目が似ている。


SYSTEMIC[システミック] ベーシックタイプ – コクヨS&T

会社ではいつも2冊のB5サイズのキャンパスノートを1つのSYSTEMICに入れて取引先毎に用意し、使っているので(厚みや柔らかさは異なるけど)見慣れた雰囲気。

と、このエントリーを書いている最中にSYSTEMICに使い勝手が良さそうなリングタイプも出ている事を知った。今度文房具屋さんでチェックしてみよう。


SYSTEMIC[システミック] リングノートタイプ – コクヨS&T

さて、今回は9月5日(金)に発売のこのCamiApp Sの先行体験会と言うことでブロガーを集めたイベントが開催された(ここからが本エントリーの本題)。

「ノートの進化が始まる。」

「ノートの進化が始まる。」

コクヨS&T 山崎さんの司会でイベントを進んだ

コクヨS&T 山崎さんの司会でイベントを進んだ

同じくコクヨS&T 長司さんによるプレゼン

同じくコクヨS&T 長司さんによるプレゼン

これまでの取り組みやCamiApp Sの開発に至るまでの流れについての説明ではCampusノートが1秒ごとに3冊売れている事に触れられていた。

キャンパスノートは発売から39周年

キャンパスノートは発売から39周年

多くの人にこれだけ使われているノートは構造がとてもシンプル。部品は3つ、価値要素は6つ。

その少ない要素にこだわることでキャンパスノートの品質を提供し続けてきた。


キャンパスノートのこだわり | キャンパスノート39イヤー | コクヨS&T

 突き詰めて作ってきたコクヨだからこそ、それ以上の工夫が難しく、新しいイノベーションを起こしにくい、と。

そんな中でCamiAppを発売する。更にそのCamiAppの発売後に集まった声を反映させたのが今回発売となるCamiApp Sとなる。

「お客様の期待に応える、期待を超える」

「お客様の期待に応える、期待を超える」

コクヨS&T 矢野さんによるCamiApp Sの説明

コクヨS&T 矢野さんによるCamiApp Sの説明

CamiApp Sについては次の動画がとてもわかり易く説明している。

9月5日(金)の発売前から1ヶ月程度、このCamiApp Sのモニター機の貸し出しがある。今回のエントリーはイベントについてフォーカスするつもりだったけど、思ったよりCamiApp Sに関する説明のボリュームをとってしまった。これはCamiApp Sが今までに無かったタイプの文房具なので仕方なさそう。上手い説明が必要な使用感などはモニター機を使いながら改めてエントリーしたい。

先行してCamiApp Sを利用しているいしたにさんが登場

先行してCamiApp Sを利用しているいしたにさんが登場

興味深い資料をスマフォのカメラでおさえる参加者

興味深い資料をスマフォのカメラでおさえる参加者

こういった写真と共に手元で手書きしたノートを一発でOneNoteやEvernoteに取り込み、まとめてすぐに活用が出来るようになるのが今回のCamiApp Sの想定された利用シーンだと感じた。

商品説明後、質疑応答の時間

商品説明後、質疑応答の時間

一通りの説明が終わった後、いしたにさん、堀さん、矢野さんによるトーク・セッションが行われ、進行役の山崎さんの司会で進んだ。

堀さんもいしたにさんと同様に先行してCamiApp Sを利用していた

堀さんもいしたにさんと同様に先行してCamiApp Sを利用していた

進行役としての山崎さん

進行役としての山崎さん

なぜか不安定"風"な椅子で遊ぶ登壇者達

なぜか不安定”風”な椅子で遊ぶ登壇者達

各人のCamiApp Sの利用の風景を紹介

各人のCamiApp Sの利用の風景を紹介

作業が一段落ついた時にチェックして飛ばせるのが良い、といしたにさん

作業が一段落ついた時にチェックして飛ばせるのが良い、といしたにさん

データ化(保存)するタイミングを自分で決められる事を評価したいしたにさん。

デジタル媒体だと途中段階で保存されてしまうので、気分的に完成するまで放っておけない。その点、CamiApp Sだと同じ紙の上でグルグル思考を巡らせて、最終的に出来た時点でデータ化(保存)させることが出来て、ご自身の使い方にフィットしているとか。

ToDoを紙に書き出し、消化していくタイプの堀さん

ToDoを紙に書き出し、消化していくタイプの堀さん

堀さんは通常、やらなきゃならないこと(ToDo)を書き出して、消化していく度に消し込んだり、その紙を捨てたりしていたそう。

それをCamiApp Sに書き込みチェックで消し込むことで、その日やったことを自動的に保存できる、と言うお話をされていた。

Evernoteに連携出来る付箋、CamiApp Sを活用している堀さんの利用風景の写真

Evernoteに連携出来る付箋、CamiApp Sを活用している堀さんの利用風景の写真

また「電話で話している相手にCamiApp Sに書いた内容を簡単に送ることが出来る」と言う話も聞けた。その連携のスムーズさは、CamiApp Sを手に入れてすぐにできる全く新しい体験だと思った。

「忘れる為に書く」堀さんと「忘れないように書く」いしたにさんの話に興味深く耳を傾ける山崎さん

「忘れる為に書く」堀さんと「忘れないように書く」いしたにさんの話に興味深く耳を傾ける山崎さん

いしたにさん曰く「形に出来るものはテキストで書いた方が早いが、モヤモヤっとしたものを自分にしかわからない図形や関係図から形にしていくのは紙を使う方法でしかできない。キーボードでは到底無理。」

いしたにさんの「紙を使う瞬間」についての話が腑に落ちた感のある表情の矢野さん

いしたにさんの「紙を使う瞬間」についての話が腑に落ちた感のある表情の矢野さん

「ペン先が見えにくい」と堀さん

「ペン先が見えにくい」と堀さん

ペン先を確認する矢野さん

ペン先を確認する矢野さん

ペン先手前にあるコイルが巻かれた部分が太くなっていて、ペン先が見えないので書く姿勢が変わるし、慣れが必要、と個人的に思った。

ペンの行き場を試行錯誤してる矢野さんの写真

ペンの行き場を試行錯誤してる矢野さんの写真

伸縮するバンドでノート自体とペンをまとめている堀さん

伸縮するバンドでノート自体とペンをまとめている堀さん

デジタルガジェットの体験会でアナログな登壇者とデジタルな参加者という面白いコントラスト

デジタルガジェットの体験会でアナログな登壇者とデジタルな参加者という面白いコントラスト

トーク・セッション後に食事を用意していただいてのトライアルが開催されて、参加者が思い思いにCamiApp Sで試していた。

CamiApp Sの横にはペアリング済みの端末が用意されている

CamiApp Sの横にはペアリング済みの端末が用意されている

結婚式の受付で記帳しているみたいな状態の会場

結婚式の受付で記帳しているみたいな状態の会場

各テーブルにコクヨS&Tの方がいるのでドンドン質問出来た

各テーブルにコクヨS&Tの方がいるのでドンドン質問出来た

転送確認中(だけどデータ量が少ないので転送は早い)

転送確認中(だけどデータ量が少ないので転送は早い)

ノートブックタイプが置かれたテーブルにいらっしゃった説明員の方(いっぱい聞いてスミマセンでした)

ノートブックタイプが置かれたテーブルにいらっしゃった説明員の方(いっぱい聞いてスミマセンでした)

体験会中も意見を交換して更に理解を深めていく参加者

体験会中も意見を交換して更に理解を深めていく参加者

こちらはメモパッドタイプのCamiApp Sのテーブルにいらっしゃった方

こちらはメモパッドタイプのCamiApp Sのテーブルにいらっしゃった方

キャンパスノートを使い慣れているのでノートブックタイプよりも見慣れないメモパッドタイプに興味が湧いて入り浸ってしまったテーブル。

重さもノートブックタイプと比べて40%近く軽いので、その辺りも気になったポイント。

実際に手書きをし、チェックを入れるとすぐに転送されるのを体験すると「ほう」とか「うわっ」とか思わず小さい声で言っちゃう。データ量が少ないのはわかっているのだけど結構面白い。

あんまり興味が無い人でも量販店のデモで是非体験してもらいたい。結構感動。

打合せ記録タイプのノートをGoogleカレンダーに連携するデモ

打合せ記録タイプのノートをGoogleカレンダーに連携するデモ

メモ帳についてのメモを取る図

メモ帳についてのメモを取る図

十分なデモ機が用意されていたけど質問の順番待ちがあった

十分なデモ機が用意されていたけど質問の順番待ちがあった

ノートブックタイプは後ろのマジックテープをバリッと剥がせばバッテリにアクセス可能

ノートブックタイプは後ろのマジックテープをバリッと剥がせばバッテリにアクセス可能

バッテリの機構が厚みを取っている気がする

バッテリの機構が厚みを取っている気がする

「バッテリを交換して永く使ってもらいたいその思いからバッテリ交換式を採用した、との事。また、シート型のバッテリなどを用いれば更なる薄型化は可能そう。

700mAhと容量は大きくないが、消費が少ないのでかなりもつ

700mAhと容量は大きくないが、消費が少ないのでかなりもつ

転送はBLE(低電力でのBluetooth転送)、転送内容はストロークデータなので通信時間は短め、ペン先のコイルの動きを把握するのも座標データの取得なので電力を消費するタイミングがなく、かつ、待機電力も低い。

この為「発売前の製品版が社内に渡って使い始めて数ヶ月になるが、電池切れを意識して使っている人はいないくらいに電力の消費が少ない。」との事。

スマフォ、カメラ、タブレット、ノートPC、モバイルバッテリーの他に電源管理が必要な端末が増えるのは勘弁してほしいが、CamiApp Sはその心配が無い。

もちの良いバッテリが逆に充電し忘れを招きそうな気もするけど、すぐに無くなってしまうストレスよりは全然マシ。

ノートを貼り付ける粘着シートは水拭きしたら粘度が復活するみたい

ノートを貼り付ける粘着シートは水拭きしたら粘度が復活するみたい

ノートブックタイプのカバー部は左右に分離していて間をフレキが繋ぐ

ノートブックタイプのカバー部は左右に分離していて間をフレキが繋ぐ

ノートブックタイプは見開いた時の右と左のカバー部(センサーが入っている部分)は独立していてフレキで互いを電源/通信的に結ぶ。物理的にお互いをバラバラにしない役割はノートが担う。軽さを実現するためには不可欠なアイデア。

ノートの表紙を挟み込むビニール

ノートの表紙を挟み込むビニール

千切れそうで不安になるビニール素材がここで使われていたことに不満だったけど、これも検討された結果だった。

表拍子の裏面にアクションマーカの使い方や、どのノートタイプを使っているかを明示するためのマークをする部分があり、透明な素材にしないと隠れてしまう、との事。

もちろん、ビニール素材をとめている部分もしっかりと補強されており、簡単には破れてしまわないので安心して使えそう。

ノートブックタイプのCamiApp Sにはペンホルダーが右肩についている

ノートブックタイプのCamiApp Sにはペンホルダーが右肩についている

充電はmicroUSBででき、電源ボタンがある

充電はmicroUSBででき、電源ボタンがある

メモパッドタイプはその厚みにあわせた折り目がついていて

メモパッドタイプはその厚みにあわせた折り目がついていて

メモを取る時に表紙が邪魔にならないようになっている

メモを取る時に表紙が邪魔にならないようになっている

会場では自前のiPhoneで使おうとしている人が多かった気がする

会場では自前のiPhoneで使おうとしている人が多かった気がする

最後にじゃんけん大会があって見事たためる打合せバッグもいただいたし、デモ機も届くのであわせて使ってみたい。


たためる打ち合わせバッグ for CamiApp | オフィス内移動が楽になるビジネスバッグインバッグ

CamiApp Sとディスプレイされた「たためる打合せバッグ」

CamiApp Sとディスプレイされた「たためる打合せバッグ」

Fans:Fans

シェアする

コメントを残す

*