[カギ] SONY α6000(ILCE-6000)のファームウェアアップデートを実行した(Ver.2.00) #αアンバサダー

"Ver. 2.00"の表記になった

先日のαアンバサダーキックオフミーティングでモニターとして借りているα6000にファームウェアアップデートが提供開始されたので実際にやってみた。

以前にα99のアップデートを行った時と同様にアップデート作業のポイントは

「アップデートの途中でカメラをPCから取り外す指示があるけど、物理的にはUSBケーブルでカメラをPCを接続したままにしておく」

と言うこと。

本体アップデート情報 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

今回のアップデートによって現時点で個人的に大きく恩恵を受けそうなのは”本体の起動時間を短縮”の部分。

Ver.2.00へのアップデートの流れ

基本的に現在のバージョンを確認して対象機種であればアップデート本体ソフトウェア(Firmware Updater)をダウンロードし、起動、カメラを接続してアップデート本体ソフトウェアに従うだけ。

バージョンの確認

まずはバージョンの確認から。


本体ソフトウェアアップデート|本体アップデート情報 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

上記ページにあるようにメニューの”バージョン表示”で確認

メニューのこの位置に”バージョン表示”がある

メニューのこの位置に”バージョン表示”がある

現在ボディーのバージョンが”Ver. 1.21”なので今回のソフトウェアアップデートの対象機種

現在ボディーのバージョンが”Ver. 1.21”なので今回のソフトウェアアップデートの対象機種

アップデート本体ソフトウェア(Firmware Updater)をダウンロード

アップデート情報のページから「アップデート方法はこちらをご確認ください。」のリンクに進む。

本体ソフトウェアアップデート|本体アップデート情報 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

本体アップデート情報のこの部分のリンクから進む

本体アップデート情報のこの部分のリンクから進む

自分はWindowsなのでこのページのα6000のアップデートをダウンロードする。使用許諾契約に同意した後、アップデート本体ソフトウェアを選択する。

α6000(ILCE-6000)のために用意された”Update_ILCE6000V200.exe”を選択

α6000(ILCE-6000)のために用意された”Update_ILCE6000V200.exe”を選択

アップデート本体ソフトウェア(Firmware Updater)を実行

立ち上げたら後は手順に従うだけ。PCとカメラ、USBケーブルが必要。準備ポイントは3つ。

  1. カメラのバッテリー残量が3個以上無いと作業は進められないらしい
  2. USB接続を[マスストレージ]に変更しておかないとならない
  3. 本体にメディアが無い状態で実行することが説明文の途中で促されるので最初からメディアを抜いておく方が良さそう

USB接続を[マスストレージ]に変更

カメラのメニューのこの部分を[マスストレージ]に変更しておく。

メニュー内この部分(自分はこのとき、[PCリモート]にしてた)

メニュー内この部分(自分はこのとき、[PCリモート]にしてた)

 

選択して[マスストレージ]に変えて

選択して[マスストレージ]に変えて

決定で[マスストレージ]への変更完了

決定で[マスストレージ]への変更完了

ちなみにダウンロードしたアイコンをダブルクリックで実行すると自分の環境(Windows 8.1)ではこんなエラーが出た。

”WindowsによってPCが保護されました”と出る

”WindowsによってPCが保護されました”と出る

このままでは[OK]しか選択出来ないので[詳細情報]をクリックする。

この[詳細情報]をクリック

この[詳細情報]をクリック

すると[実行]と[実行しない]の選択が出来るので問題なければ[実行]を選択。

ここで[実行]が選択出来るようになる

ここで[実行]が選択出来るようになる

データが解凍され、自動的にアップデート本体ソフトウェア(Firmware Updater)が実行される。

カメラ本体の電源を入れ、USB接続をマスストレージである事を確認した上で接続する

カメラ本体の電源を入れ、USB接続をマスストレージである事を確認した上で接続する

PCに接続するとカメラ側はこういった表示になる

PCに接続するとカメラ側はこういった表示になる

カメラを接続できたら[次へ]で次の画面へ。

[次へ]でバージョン確認が走る

[次へ]でバージョン確認が走る

この時カメラ側では「パソコンの指示に従ってください」と表示されていた

この時カメラ側では「パソコンの指示に従ってください」と表示されていた

バージョン確認をした結果、左下に現在のバージョンとアップデート後のバージョンが表示される

バージョン確認をした結果、左下に現在のバージョンとアップデート後のバージョンが表示される

ここで表示された内容で問題が無ければ[次へ]を選択。

手順を注意深く確認して操作が必要なステップ

手順を注意深く確認して操作が必要なステップ

この画面になったら手順説明の通りに進めないとカメラが反応しなくなるので注意(実際にはバッテリを抜き刺しすることで復帰する)。

  1. パソコン画面右下のタスクトレイにある、「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンから安全な取り外しを行ってください。この時、USBケーブルは接続した状態のままにしてください。
  2. カメラ本体の画面より、[OK]を選択してください。カメラ本体の画面が消えます。
  3. [次へ]ボタンを押してください。

この画面が出ている状態で最初にするのは「ハードウェアの安全な取り外し」。これをしないでカメラの画面に沿って操作してしまうと手順が狂う。

まずはPC右下タスクトレイからカメラを外す。

PC右下のタスクトレイからこのアイコンで取り外し

PC右下のタスクトレイからこのアイコンで取り外し

左クリックでこれを選択

左クリックでこれを選択

無事取り外されたメッセージが出る

無事取り外されたメッセージが出る

ここでPC上での取り外し後、物理的にUSBケーブルは接続したままにして次に進む。

カメラの画面で[OK]を押す

カメラの画面で[OK]を押す

カメラ側で[OK]した後、PCのアップデート本体ソフトウェア(Firmware Updater)内の[次へ]でアップデート実行となる。

ここは結構時間がかかる

ここは結構時間がかかる

無事アップデート終了

無事アップデート終了

終了後にカメラでバージョンを確認してアップデートがかかっていれば完了。

"Ver.  2.00"の表記になった

“Ver. 2.00″の表記になった



αアンバサダープログラム | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

シェアする

コメントを残す

*