[カギ] Xperia Z4とSmartWatch3を「使ってみた!!」aptX対応のNW-M505とMDR-AS800BTでロスレス音源を楽しむ環境

MDR-AS800BT、SmartWatch3、Xperia Z4

モニター中のXperia Z4は出先で音楽を聴く時に最も活躍する。ロスレス音源をXperia Z4に入れておけばいつでも楽しむことが出来る。ついでにポケットやカバンからXperia Z4を取り出さなくてもSmartWatch3で再生/一次停止、曲戻し/曲送り、音量調節が出来る。


Xperia™ Z4 SO-03G | ソニーモバイルコミュニケーションズ


SmartWatch3 SWR50 | ソニーモバイルコミュニケーションズ

SmartWatch3に音楽を転送してBluetoothイヤフォン/ヘッドフォンで接続すればSmartWatch3単体で(SmartWatch3をウォークマンのようにしてXperia Z4を介さずに)音楽再生ができるみたい。しかし容量などの懸念から、Xperia Z4で再生、受信して聞くのはBluetoothイヤフォン/ヘッドフォンにしてSmartWatch3には操作のみを担当させたいので必然的にこんな構成に。

MDR-EX650を接続したNW-M505、SmartWatch3、Xperia Z4

MDR-EX650を接続したNW-M505、SmartWatch3、Xperia Z4

元々持っていて使っていたNW-M505にXperia Z4から音楽を飛ばすだけだった組み合わせにSmartWatch3を追加しただけ。

Flac音源をXperia Z4に入れておくだけで、ワイヤレスで音楽を聴くことが出来る。

通常の操作

BluetoothでNW-M505に接続した状態でXperia Z4で”ミュージック”アプリを起動。曲を再生すると当たり前のようにNW-M505(MDR-EX650)から音楽が聞こえてくる。

”ミュージック”アプリで音楽を再生

”ミュージック”アプリで音楽を再生

SmartWatch3上で”ミュージック”アプリが立ち上がり、一次停止/再生が操作できる

SmartWatch3上で”ミュージック”アプリが立ち上がり、一次停止/再生が操作できる

右に移動すると上下で音量、左右で曲送りが出来る

右に移動すると上下で音量、左右で曲送りが出来る

通勤中など電車の中では腕に付けたSmartWatch3を操作するだけで曲送りや一次停止、音量調節が可能となる。

MDR-AS800BTを投入

更に身軽になろうと考え、aptXに対応したMDR-AS800BTを投入。NW-M505よりも更に軽く、取り回しも楽に。

MDR-AS800BT、SmartWatch3、Xperia Z4

MDR-AS800BT、SmartWatch3、Xperia Z4

もともとNW-M505を使用していた理由の一つに自分の好きなイヤフォン/ヘッドフォンを使用したい、と言うのがあった。一体型は敢えて敬遠していたけど「さすがに新しいものはそんなに遜色ないんじゃ無いか?」と思い購入。自分の好きなイヤフォンもそんなにビックリするほど性能が段違いなものでもないし。


MDR-AS800BT | ヘッドホン | ソニー

MDR-AS800BTを買ってきて早速接続してみたけど、なんだかスカスカとした印象…。NW-M505経由とMDR-AS800BTを交互に聞き比べてもヤッパリNW-M505経由ほど好きな音で聞こえてこない。「失敗したかなぁ…」と焦った。

よくよく考えてみて、NW-M505本体内でイコライズしている事に気付く。同時にXperia Z4側で可能ないくつかのオーディオ設定をし忘れていることも思い出した。

Xperia Z4でのオーディオ設定

取り敢えず”ミュージック”アプリからオーディオ設定変更(Xperia Z4本体の「音と通知」からも設定変更可能)。

大まかに次の5つの設定を変える。

  1. イコライザーを設定する
  2. DSEE HXをオンにする(有線接続をしたとき用)
  3. サラウンド設定を変更する
  4. S-Force Front Surroundをオンにする
  5. ダイナミックノーマライザーをオンにする

まずは”ミュージック”アプリの設定からオーディオ設定を呼び出す。

”ミュージック”アプリを立ち上げていたらここから

”ミュージック”アプリを立ち上げていたらここから

メニューを出して

メニューを出して

「設定」から

「設定」から

「オーディオ設定」へ

「オーディオ設定」へ

まずはイコライザーを設定

サウンドエフェクトを選択

サウンドエフェクトを選択

この設定の直上にある「ClearAudio+」をオンにしていたらこのサウンドエフェクトの設定は無効になり、変更できない。

デフォルトでは「OFF」になっているイコライザー

デフォルトでは「OFF」になっているイコライザー

OFFは完全にフラット

OFFは完全にフラット

音を聞きながら好きな設定に変えていく。

自分の場合は低音寄りのこんな感じになった

自分の場合は低音寄りのこんな感じになった

次にDSEE HXを設定

DSEE HXは圧縮音源を聴くとき、高音域を擬似的に補完することでハイレゾ音源相当にしてくれる機能。


DSEE HX | Soundテクノロジー | ソニーテクノロジー | ソニー

これは有線接続しているときのみに有効。Bluetooth接続ではなくて有線イヤフォン/ヘッドフォンを接続して聴くときもあるから設定しておく。無線接続時にオンになっているからと言って何か悪さをする訳では無さそうなので。

DSEE HXをオンにする

DSEE HXをオンにする

DSEE HXをオンにした状態

DSEE HXをオンにした状態

サラウンド設定変更

音の前後感というか3D感を持ちたい時にはサラウンド設定は有効。

コレも音を聴きながら好きな設定に。

ここから設定変更可能(デフォルトはOFF)

ここから設定変更可能(デフォルトはOFF)

デフォルトが好きであればそれもOK

デフォルトが好きであればそれもOK

自分の場合、聴いていた曲調から選んでいくと「クラブ」が丁度良かった

自分の場合、聴いていた曲調から選んでいくと「クラブ」が丁度良かった

これまでの設定がこんな感じ

これまでの設定がこんな感じ

S-Force Front Surroundをオンに

これも仮想的に臨場感を持たせる設定。イヤフォン/ヘッドフォンで、かつ、DAC無しで聴く場合にはある程度は再生設定で小細工をする方が性に合うので、これはオンにしておく。

S-Force Front Surroundはここをオンにするだけ

S-Force Front Surroundはここをオンにするだけ

ダイナミックノーマライザーもオンに設定

音源が異なるため、曲間の音量レベルに違いがあるのでそこを揃えてもらう設定を。

一つ戻って「オーディオ設定」の中のここをオンに

一つ戻って「オーディオ設定」の中のここをオンに

結果「オーディオ設定」はこうなる

結果「オーディオ設定」はこうなる

音と通知からの設定変更

動画の音の部分だったり、”ミュージック”アプリからだけが音の再生では無いので設定変更はOS側で持ってる。もともとのOSには無い、Xperia独自の物もここからアクセスできるから便利。

「音と通知」にあるこの設定

「音と通知」にあるこの設定

ここが「オーディオ設定」で

ここが「オーディオ設定」で

「サウンドエフェクト」内も同じように設定できる

「サウンドエフェクト」内も同じように設定できる

”ミュージック”アプリ内の設定から辿った設定画面も実際はここを触っているのと同じ。それぞれを設定する必要は無い。逆に動画再生の時は別の設定を持ちたい、というユーザには不満になる部分かも知れないけど。


イベントレポートXperia™Z4 Xperia™A4|xstyle|Xperia™アンバサダーサロン|ソニーモバイルコミュニケーションズ

音楽再生環境が整えば整うほど、SmartWatch3での操作の便利さが際立つ。メモリの容量とバッテリーの持ちとを考えてXperia Z4だけ1台で賄うか、別途ウォークマンを用意するか悩ましいけど、SmartWatch3での操作には動作対応機種でないとならないのでさらに悩む。

SmartWatch3 SWR50 | ソニーモバイルコミュニケーションズ

おまけ

モニターしていて、どこに行っても「それ、Apple Watch?」ってよく聞かれる。実物はちょこっとだけしか見たことないから知らないけど遠目に見ると結構似ているらしい。

会社携帯がiPhoneだから余計にそう見える可能性もあるけど。

ぼくのしってるあっぷるうぉっち

ぼくのしってるあっぷるうぉっち

折角なので並べて比べて見た。iPod nanoだけど。

SmartWatch3とiPod nano

SmartWatch3とiPod nano

バンドを取って中身だけのSmartWatch3とiPod nano

バンドを取って中身だけのSmartWatch3とiPod nano

SmartWatch3とiPod nanoを裏面から

SmartWatch3とiPod nanoを裏面から

そう言えばこの時も腕に装着した端末を操作して音楽を聴いてた気が。


[カギ] iPod nanoとParrot ZikをKOKKIA i10 MULTI-STREAMでBluetooth接続して音を楽しむ | カギログ

Related Posts (YARPP)

シェアする

コメントを残す

*