[カギ] 巨大クロネコ全国行脚の出発式に参加してきた #クロネコアンバサダー

”ちっちゃいもの送るなら。「宅急便コンパクト」”のプロモーション

小さな荷物を気軽に送れる「宅急便コンパクト」。”ちっちゃい荷物、送る人がふえたから!”ってTOKIOが宣伝しているヤマト運輸の新しいサービス。


ちっちゃいもの送るなら。 | ヤマト運輸

その「宅急便コンパクト」のキャンペーンとして巨大クロネコ全国行脚が企画され、その出発式が開かれたので参加してきた。

巨大クロネコ全国行脚の出発式

会場となったのは新宿駅メトロプロムナード(東京メトロ丸の内線新宿駅コンコース)。その中に、ヤケに黄色い一角がある。ヤマト運輸が提供する「宅急便コンパクト」のプロモーション企画だ。

”ちっちゃいもの送るなら。「宅急便コンパクト」”のプロモーション

”ちっちゃいもの送るなら。「宅急便コンパクト」”のプロモーション

そこには宅急便コンパクトで送れる物の見本を100種類ほど展示している。

全てオリジナルデザインで宅急便コンパクトで送れる物を100種類展示

全てオリジナルデザインで宅急便コンパクトで送れる物を100種類展示

例えば電子辞書も宅急便コンパクトで送れちゃう

例えば電子辞書も宅急便コンパクトで送れちゃう

カラーパンツのタグが”906”で”MATA TABI 100%”の文字

カラーパンツのタグが”906”で”MATA TABI 100%”の文字

クロネコマークのガムテープも可愛い

クロネコマークのガムテープも可愛い

そして、今回の主役である巨大クロネコが奥にいる。

この巨大クロネコがこれから全国10都市程度を行脚することになるとの事。出発式の開催された9月28日はこの巨大クロネコのお披露目。高さは2m位あり、その上、毛並みや眼の周りなどはとてもリアル。

このクロネコ、デカイし、リアル

このクロネコ、デカイし、リアル

1週間程度ここに居座った後、他の都市に移動するらしい。

次の出没地は明かされないという事なので、何処かで黄色いゾーンを見掛けたらこの巨大クロネコがいるかもしれない。

結構目立つので色んな人が写真を撮ってた

結構目立つので色んな人が写真を撮ってた

海外からの観光客らしき人も思わず記念撮影

海外からの観光客らしき人も思わず記念撮影

もちろん、100種類のオリジナルグッズも

もちろん、100種類のオリジナルグッズも

鼻を押してクロネコグッズをもらおう!

鼻を押してクロネコグッズをもらおう!

鼻を押してクロネコグッズをもらおう!

このイベントではクロネコグッズがもらえる。参加方法は簡単でこの巨大クロネコの鼻を押すと、口からプレゼントされる。

鼻を押して、箱を受け取る

鼻を押して、箱を受け取る

たくさんの人がドンドン参加してクロネコグッズを受け取っていた。

鼻を押すと…

鼻を押すと…

口からオリジナルグッズの入った箱が出てくる

口からオリジナルグッズの入った箱が出てくる

巨大クロネコの鼻を押して…

巨大クロネコの鼻を押して…

グッズをゲット

グッズをゲット

巨大クロネコの鼻を優しく押したら…

巨大クロネコの鼻を優しく押したら…

鳴き声とともに口が開いてその中から…

鳴き声とともに口が開いてその中から…

オリジナルグッズの入った箱が出てくる

オリジナルグッズの入った箱が出てくる

この巨大クロネコのイベント企画は3月末に渋谷に現れた巨大なクロネコのオブジェに続くもの。「渋谷 モフモフ」で検索すると出てくる、タイムライン(TL)上でよく見掛けたアレの第二弾。

今回は顔だけじゃなくて全身を撫でることができるので、近くを通ったらモフモフしてもらいたい。

モフモフの秘密

この巨大クロネコには専属のトリマーさんが張り付いてるらしく、常に毛並みは最高の状態に保たれている。

イベント会場の何処かでスタンバっているクシ梳き担当

イベント会場の何処かでスタンバっているクシ梳き担当

常に最高のモフモフされ状態の巨大クロネコ

常に最高のモフモフされ状態の巨大クロネコ

なので、思う存分モフモフしても問題なさそう。

カメラヌマ メンバも気になるクロネコグッズ

ハングアウト上でこのイベントのことを共有したらカメラヌマのメンバも興味津々。


カメラヌマ。

ネコネタには敏感な人が多い。

鼻…押し…待ち?

鼻…押し…待ち?

「クロネコヤマトのイベント」をキーワードに早速見付けてくる猫アイコンの人

「クロネコヤマトのイベント」をキーワードに早速見付けてくる猫アイコンの人

「にゃーん」「にゃーん」で会話するヌマの住民

「にゃーん」「にゃーん」で会話するヌマの住民

早速ゲットしたTシャツを自慢したった

早速ゲットしたTシャツを自慢したった

クロネコグッズ

このイベントでもらえるクロネコグッズは数種類あるらしくて、確認できたのはステッカー、マグネット、Tシャツや展示されてたクロネコオリジナルグッズと同じガムテープ等々。何が出てくるのかわからないから、ちょっと楽しい。

ひとつ、現場にいて感じたのは「横に展示されている100種類の”オリジナルグッズ”がプレゼントの箱の中に入っている”クロネコグッズ”だと勘違いした人がいる」こと。展示の100種類のオリジナルグッズが素敵な物ばかりなので期待しちゃうけどね。

展示のオリジナルグッズは、あくまでも「こういう物を送れますよ」の見本なので注意が必要。しかし、クロネコグッズはとっても可愛いのでぜひ見てほしい。

もらったのはクロネコTシャツ

少し並んで、巨大クロネコの鼻を押してきた。もらえたのはTシャツだった。

自分がもらえたのはTシャツ!

自分がもらえたのはTシャツ!

表はこんな感じで下の方にクロネコが

表はこんな感じで下の方にクロネコが

後ろ側につながってる

後ろ側につながってる

正直、箱を開けて最初に眼に入ったのが「(サイズ)M」の文字。普段はLやXLなので「着られへんがな…」と最初思ったけど問題なかった。大きめに作ってある?

肌触りの良い、しっかりとした素材で凄く嬉しいプレゼントになった。

宅急便コンパクト

そもそもこのイベントで紹介されている「宅急便コンパクト」は宅急便よりも小さな荷物を送る際、専用の入れ物を使って手軽に送ることができるサービス。

「宅急便コンパクト」と「ネコポス」の発売について | ヤマトホールディングス

担当の方曰く、今回の巨大クロネコ全国行脚は「小さな荷物を簡単に送れるこの宅急便コンパクトをもっと多くの人に知ってもらいたい」という事で企画されたもの。大きな宅急便の箱のイメージしかない家族連れや学生などにもその存在を知ってほしいし、もっと簡単に送れるんだって知ってほしい、と。

  宅急便コンパクト 宅急便
サイズ 縦25cm×横20cm×厚さ5cm 縦、横、高さ(三方)の合計が60cm~160cm
重さ 制限無し 2kg~25kg

宅急便は三方の合計が60cmになるものを「宅急便60サイズ」と名前付けし、今回の宅急便コンパクトはそれよりも小さな物を扱うことができる。

また、専用BOXを購入し、簡単に梱包、そのままコンビニエンスストアで出すこともできるから、とても手軽。

宅急便コンパクトに重量制限はないため、どんな重いものでも送れるらしい。イベントで担当の方に伺ったところ、プラチナでこのサイズだと理論上60kg(2億円相当!?)になるとの事(しかし、引受限度額は3万円まで)。色々入れて実験した結果、意外と片手で持てる程度しか入らないらしいので、あまり無理しても無駄かもしれない。


宅急便コンパクト(個人のお客様) | ヤマト運輸

宅急便(法人・個人事業主のお客様) | ヤマト運輸

コンビニやヤマト運輸直営店、宅急便取扱店で購入できる宅急便コンパクト専用BOX

実はこの巨大クロネコがプレゼントしてくれたクロネコグッズの入った箱は新しい宅急便コンパクトで使用される専用BOX。

中には伝票と簡単な説明のチラシが入っているので、荷物をそのBOXに入れて送ったり、このイベントでもらったオリジナルグッズをそのまま友だちに送る事もできる。

通常は各取扱い店舗で購入(65円/箱)する専用BOXをタダでもらえちゃうイベントでもある。

宅急便コンパクト専用BOX

宅急便コンパクト専用BOX

なお、このイベントでもらえるBOXは側面に巨大クロネコの眼がデザインされている特別な物。

上がイベントでもらった専用BOX、下が帰りにコンビニで購入した専用BOX

上がイベントでもらった専用BOX、下が帰りにコンビニで購入した専用BOX

イベントでは既にBOXの形になっているから良いけど、コンビニで購入した専用BOXは折り畳まれた状態で手渡されるため、箱を作るステップ毎の番号が振られていた。

コンビニで購入した専用BOXには作る際の手順番号が振られている

コンビニで購入した専用BOXには作る際の手順番号が振られている

あと、この専用BOXは再利用は想定されていないみたい。

「この専用資材の利用は1回に限ります。」の表記

「この専用資材の利用は1回に限ります。」の表記

ご当地宅急便コンパクトBOX

なお、広島の宮島や沖縄では特別仕様の専用BOXがあるらしい(宮島のはBOXが赤い!)。

開封時にペリペリッと剥がすところに標準ではクロネコが歩いているけど、宮島版はシカが、沖縄版ではシーサーが歩いているらしいので、見てみたい。

通常の専用BOXでは猫が歩いている

通常の専用BOXでは猫が歩いている

改善スピードの向上

より身近なサービスを提供する事により、多くのユーザに使ってもらうことができる。より多くの要望を拾い上げることができるようになるという事は、それをヒントに改善点を見付け、取り組むチャンスである、とも。

例えば宅急便のベロの部分。前はベロが短く、スグ剥がれてしまっていた。今回の専用BOXからベロに長さをとって剥がれ難くした、と言う。

ベロの部分を十分にとって接着後、剥がれ難くした

ベロの部分を十分にとって接着後、剥がれ難くした

お話を伺っていて情報を拾い上げる接点がイメージできなかった。そこで質問したところ、ドライバーが荷物を受け取る際、手渡す際がそれにあたるとの事。

やっぱり直に接点を持つことが出来るドライバーを抱えていることは、間接的にコミュニケーションを図るショップと比べて改善スピードの向上という側面では優位性が高いようだった。

クロネコヤマトアンバサダー

今回のイベントにはクロネコヤマトと一緒に宅急便のこれからを考え・応援するアンバサダープログラムの一つとして招待された。


クロネコヤマト アンバサダー募集フォーム

クロネコヤマトの宅急便をよく使っている人や、「もっとこうしたい!」を持っている人はアンバサダーに登録できる。自分にとって”もっと良いサービス”になれば、たぶん他の人にとっても”良いサービス”になるはず。


因みにこの巨大クロネコは気まぐれらしく、機嫌が悪いときには鼻押し待ちの列に並べない事もあるらしいのでご注意を。

行列が長くなり過ぎたり、巨大クロネコの機嫌が良くないときには並ぶことができない事も

行列が長くなり過ぎたり、巨大クロネコの機嫌が良くないときには並ぶことができない事も

シェアする

コメント

コメントを残す

*