[カギ] PQI Air Cardとサンディスク® モバイル ウルトラ™ microSDHC™ UHS-I カードの最速セットを買った

PQI Air CardとSanDiscモバイル ウルトラ microSDHC UHS-I カード

撮影時の記録メディアの容量不足も気になるけど書き込みの遅さが気になってきた矢先に飛び込んできたEye-Fi Pro X2 16GB(class10)の発表。待てども待てども10月の頭発表の記事にあった「国内での発売は今後数週間以内の予定」がまだ来ない。待ちきれず”「早さ」を求めて”購入したの記録メディアが届いた。


PQI Air Card –

結局、無線でカード内へアクセスしたいのでPQI Air Card。キッカケはこちらのブログ記事。


遅いWiFi内蔵SDカードにサヨナラ!デジタル一眼レフのWiFi化なら絶対コレ!PQI Air Card | ひとりぶろぐ

無線でのアクセスが出来ればそれだけバッテリを消費するし、まだまだ不安定だろうけど面白そうだな、と。class10の32GBまで対応しているので調べたところ、上記ブログ記事にあるサンディスクのモノしか見当たらなかった。

PQI Air Cardとサンディスク モバイル ウルトラ microSDHC UHS-I カード

PQI Air Cardとサンディスク モバイル ウルトラ microSDHC UHS-I カード

microSDカードの詳細はこちら↓。


モバイル ウルトラ™ microSDHC™ UHS-I カード

開けたらこんな感じ。class10の32GB microSDもいつか必要となるだろうからセットの奴を購入。PQI Air CardにはサンディスクのmicroSDを使うので付属していたPQIのmicroSDカードは大切にしまっておく。class10の32GB microSDカードな事は変わりないのだし。

PQI Air CardはmicorSDHC32GB同梱のモノを購入

PQI Air CardはmicorSDHC32GB同梱のモノを購入

PQI Air Cardにサンディスク モバイル ウルトラ microSDHC UHS-I カード挿入

PQI Air Cardにサンディスク モバイル ウルトラ microSDHC UHS-I カード挿入

なぜか同タイミングで購入した知り合いも同じブログ見てててビックリした。しかも1日早くに到着してるとか。ブログの破壊力、スゴし。

DSC-RX100で試してみる

DSC-RX100でPQI Air Card(とClass10 32GBのmicorSD)を試した。

カードを挿入するとDSC-RX100側で「管理ファイルがありません」といういつものメッセージ(エラー?)。他のデジカメで写真を撮ったSDカードを入れるとでる奴。

「管理ファイルがありません」

「管理ファイルがありません」

キャンセルして進めると仮に画像があっても管理ファイル不足から「このビューには画像がありません」と出て、上部にはデーターベースエラーの表示。

 「このビューには画像がありません」

「このビューには画像がありません」

「管理ファイルがありません」の所で新規作成を実行したらデーターベースエラーの表記は無くなる。画像自体は無いのでメッセージは同じだけど。

「管理ファイルがありません」の所で 「実行」を選択

「管理ファイルがありません」の所で 「実行」を選択

「完了」

「完了」

同じ「このビューには画像がありません」だけどデーターベースエラーは無くなる

同じ「このビューには画像がありません」だけどデーターベースエラーは無くなる

取り敢えずその後は説明書通りにフォーマット。

デジカメ側でのフォーマットを実行

デジカメ側でのフォーマットを実行

問題なく撮影できる。写ってる写真がショボイのは使っている人のウデマエ次第なのでPQIは悪くない。

普通のSDカードのように使用できる

普通のSDカードのように使用できる

DSC-RX100上でのEye-Fiとの違い

このデジカメ(DSC-RX100)はEye-Fi対応製品なのでEye-Fiが挿入されていると「アップロード設定」なる項目が出てくる。

DSC-RX100 | アップロード設定 | サイバーショットユーザーガイド | ソニー

Eye-Fi用のアップロード設定はこの位置

Eye-Fi用のアップロード設定はこの位置

PQI Air Cardを使用している時にはこの項目が無い。

PQI Air CardをDSC-RX100に挿入した時の設定項目

PQI Air CardをDSC-RX100に挿入した時の設定項目

PQI Air Cardの操作用画像

デジカメでフォーマットしても(フォーマットすると?)ファクトリーリセット、ホットスポットへ接続、WiFiオンの3画像がでる。

PQI Air CardのFactory Reset画像

PQI Air CardのFactory Reset画像

PQI Air CardのEnable WiFi画像

PQI Air CardのEnable WiFi画像

PQI Air CardのConnect to Hotspot画像

PQI Air CardのConnect to Hotspot画像

それぞれを画像を消去することによってデジカメでPQI Air Cardを操作ができる。

消した後はデジカメ側の再起動で復活するらしい。けれども、自分の場合はデジカメの電源オf/オンですぐには出てこなかった。バッテリーを抜いて刺し直したらするにこの画像が出て来ることもあった。DSC-RX100が起動優先で通電しているからだろうか。詳細不明でスミマセン。

早速Androidアプリをダウンロードして設定してみる

 接続端末はNexus 7。Google Playからアプリをダウンロード、インストールして。

 PQIがPower Quotient Internationalの略って事をこれで知った

PQIがPower Quotient Internationalの略って事をこれで知った

「PQI AirCard+」をインストール

「PQI AirCard+」をインストール

内容確認して"同意してダウンロード"

内容確認して”同意してダウンロード”

PQI AirCard+(アプリ)は0.99MBのファイルサイズ

PQI AirCard+(アプリ)は0.99MBのファイルサイズ

そのままアプリを起動してみたけど強制終了する。

PQI AirCard+(アプリ)起動時に出るフラッシュ画面

PQI AirCard+(アプリ)起動時に出るフラッシュ画面

一瞬、ここまでは読み込もうとする

一瞬、ここまでは読み込もうとする

強制終了してしまうPQI AirCard+(アプリ)

強制終了してしまうPQI AirCard+(アプリ)

設定していないからアクセス先が無い事が理由で落ちるのかと思い、無線LANを無しにしてみる。開くけど、設定タブを選ぶと強制終了してしまう。

Wi-Fiをオフにして試みる

Wi-Fiをオフにして試みる

「接続できませんでした」だけどアプリは落ちない

「接続できませんでした」だけどアプリは落ちない

そこで設定タブをクリックできるも…

そこで設定タブをクリックできるも…

同じくすぐに強制終了

同じくすぐに強制終了

説明書通りに初期設定の「PQI Air card」というオープンなSSIDに接続すると簡単にカード内にアクセスできるようになる。先ずは設定画面タブでSSIDにパスワードをかけるなどしておく。

「PQI Air card」というSSIDに接続

「PQI Air card」というSSIDに接続

オープンなので問題なく接続完了

オープンなので問題なく接続完了

問題なくPQI AirCard+(アプリ)が立ち上がる

問題なくPQI AirCard+(アプリ)が立ち上がる

設定画面タブでSSIDやそのパスワードなど設定可能

設定画面タブでSSIDやそのパスワードなど設定可能

SSID変更やAPを登録できる

SSID変更やAPを登録できる

 好きな設定を登録して「保存」

好きな設定を登録して「保存」

使い勝手は良く、操作は簡単

アプリインストール→オープンなSSIDに接続して設定→変更した設定内容でアクセスというFlashAirの時のような流れで簡単にアクセスできる。書き込み速度や接続速度は色んな所で言われている通り速いと思うし、push型ではないので自分からアクションを起こせることが期待な人には良いと思う。

写真を撮ればアプリの「写真」タブに表示される

写真を撮ればアプリの「写真」タブに表示される

アクセス中でも写真が追加されると自動更新された

アクセス中でも写真が追加されると自動更新された

アプリで接続したままドンドン更新されるのが良いね

アプリで接続したままドンドン更新されるのが良いね

残念ながら設定内「ホットスポット」に自宅無線LANやxiルータのSSIDを設定してタブレット等からインターネットにも、PQI Air Cardにも接続っていうのは出来ていないのでもう少し調べる必要がありそう。

※このエントリでは極力、WiFi機能付きSDカードアダプタの製品自体を「PQI Air Card」、設定アプリを「PQI AirCard+(アプリ)」、初期設定のオープンなSSIDを「PQI Air card」に統一して表記しました。

前述の16GB(class10)Eye-Fiの記事はこちら。


Eye-Fi カードの最上位モデル Pro X2 に16GBクラス10版、国内9980円 – Engadget Japanese

今日(2012年10月27日)時点で海外では発売されてる


WiFi SD Cards: Eye-Fi Pro X2 8GB Wireless SDHC Memory Card | Powerful and Fast Memory Card for Thousands of Cameras | Eye-Fi

断然、Eye-Fi派なので16GB(class10)の発売が楽しみ!

シェアする

コメントを残す

*